FC2ブログ

川埜 龍三 | MU 東心斎橋画廊 (大阪)

Category : 現代美術シッタカぶり
川埜龍三−1

2019.09.27~09.29
【 神戸メリケンパークオリエンタルホテル 】

KOBE ART MARCHE 2019(7)

個展形式になったことについては
ともかくも
今展で一番心浮き立ったのが
川埜さん。
例えばどんな人のが好きかと
訊かれたら即答するのが
川埜さん。
僕の中ではとにかく一番です。
その作品がまさかここで見られるとは!

9年前の万華鏡ミュージアムで
拝見した時の驚愕と
寺町のGallery I での展示の感嘆が
この一室で見事に甦ってきました。

当日の朝4時まで作家自らが
セッティングしていたということで
何しろ傷ひとつ付けてはならない
ホテルでの展示ですが
そこは川埜さん
この限られた空間を
なるほどの設えで
とんでもない濃密な世界へ
観者を誘い込んでいました。

彫刻もコラージュもドローイングも
陶芸もオブジェも全てが
川埜さんです、当たり前ですが笑
川埜さんのコク、と
言ったら良いのかな。

何だか以前よりも
肩から力が抜けた感じで
自然体で作られている様子が
勝手ながら伺えました。

やはり言葉足らずになってしまい
どこかもどかしいです…

いつか岡山のアトリエにも
お邪魔したいと切に
思っております。

https://ryuzo3net.exblog.jp/

川埜龍三−2

川埜龍三−3

川埜龍三−4

川埜龍三−5

川埜龍三−6

川埜龍三−7

川埜龍三−8

川埜龍三−9

川埜龍三−10

川埜龍三−11

川埜龍三−12

川埜龍三−13

川埜龍三−14

川埜龍三−15

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
↑ポチっと、がウレシイ!

上杉トモ | 芦屋画廊 kyoto (京都)

Category : 現代美術シッタカぶり
2019.09.27~09.29
【 神戸メリケンパークオリエンタルホテル 】

KOBE ART MARCHE 2019(6)

1979年大阪生まれ。
カリフォルニア州サンディエゴで
アートを学び
写真と絵画の関係をテーマに
作品制作していた上杉は
早くからInstagramに注目。
永遠にポストされ続ける
世界中の若者たちの顔写真を眺め
ふと思った。
「インスタグラマーたちは
自分が撮ったセルフィー写真が
アート作品となって返信されると
どんなリアクションをするのかという
素朴な疑問がきっかけで
投稿される無数の顔写真から
モチーフを一枚選び
ポートレート絵画を制作し
画像にタグ付けし
Instagramに投稿するという
一連の作業をシリーズ化する。
(ステートメントより抜粋)

https://www.ashiya-garo.com/

上杉トモ−1

上杉トモ−2

上杉トモ−3

上杉トモ−4

上杉トモ−5

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
↑ポチっと、がウレシイ!

人ノ業 土ノ技 | 久世 健二

Category : 現代美術シッタカぶり
久世健二−1

2019.10.01~10.13
【 GALLERY MARONIE 5F 】

段々と
剥き出しになってきた
人の欲

段々と
相応に鈍くなってきた
人の分

段々と薄ら寒くなってきた
人の情

段々と怖いほどに声に出す
人の羨み

段々と誤摩化しだした
人の嘘

土から生まれた人間が
土に帰る時に
やっと叶うこと

この世は汚れているのか
そこに救いはあるのか
作家は黙々と粛々と
その土塊(つちくれ)と
対話しながら
墓碑銘に刻むかのように
あらゆる人の業に
何かの祈りを捧げているかのよう

土は作家によって
こうして至極真っ当な形で
メッセージされる

あるがままの土が
あるがままに動き
うねり
暴れ
やがて観念し
作家の魂に
身を預け
精神の奥底に
その造形を印す

http://www.gallery-maronie.com/base.html

久世健二−2

久世健二−3

久世健二−4

久世健二−5

久世健二−6

久世健二−7

久世健二−8

久世健二−9

久世健二−10

久世健二−11

久世健二−12

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
↑ポチっと、がウレシイ!

MUCHIMUCHI | マツムラアヤコ/道広明日香

Category : 現代美術シッタカぶり
2019.10.01~10.13
【 Art Spot Korin 】

繊維素材を使い
造形を試みる作家の二人展。
今回のテーマは「むちむち」
その言葉のイメージから作品を制作。

・マツムラアヤコ
https://ayakomatsumura.tumblr.com/

・道広明日香
https://asukam.portfoliobox.net/

むちむち−1

むちむち−2

むちむち−3

むちむち−4

むちむち−5

むちむち−6

むちむち−7

むちむち−8

むちむち−9

むちむち−10

むちむち−11

むちむち−12

むちむち−13

むちむち−14

むちむち−15

むちむち−16

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
↑ポチっと、がウレシイ!

THE LAUNDRIES| 濱田 紘輔 写真展

Category : 現代美術シッタカぶり
濱田 紘輔−1

2019.10.01~10.6
【 京都写真美術館 ギャラリージャパネスク 】

まず
ランドリーの必需性が
日本のそれとは違うから
洗っている人々はまぎれもない
マジョリティー。


日本は
というと
マイノリティーに近くなる。

勿論
洗濯機を持たないのではなくて
干せないという環境ゆえの
生活としての必然がここにあるから。
これは欧米ならではでしょうか。

もし
カリフォルニアでなく
日本でこの手の
撮影をするとなると
色々と面倒だ。
絡まれるリスクも
通報される可能性だってある。


陽光まぶしいヴィヴィッドな空気の中で
人々はマイペースな
時間をここで費やす
というか
過ごしているように見える。
なんだかワケありには
見えなさ過ぎるほどに
カラッとしている。
当たり前か。

声をかけたうち
3割ほどに断られたとのこと。
これ一番始めに濱田さんに
質問したかったこと。
はぁ、その程度なんだ
と。

社会人になってから連休を使って
アジア、ヨーロッパ、アメリカを
旅した濱田さん。
このイメージに僕の感覚がフィットしたのは
インタビュー記事に出てくる
ヴィム・ヴェンダースや
ジム・ジャームッシュの名前。

納得。

濱田さんは
満を持して拠点を
ロサンゼルスに移すとのこと。

www.kosukehamada.com

濱田 紘輔−2

濱田 紘輔−3

濱田 紘輔−4

濱田 紘輔−5

濱田 紘輔−6

濱田 紘輔−7

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
↑ポチっと、がウレシイ!
58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

ナミキ・キヨタカ

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
ゆらゆらと過ごしております。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
facebookもよろしくです。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!