「辰巳ヶ淵」のフライヤーデザインさせていただきました

Category : 浮世の「うっ!」
たつみ

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

いつも
公演フライヤーを
デザインさせて
いただいています
京都放送劇団さんが
今年も「演フェス」の
公募公演を
されます。










スポンサーサイト

「 Viva La Music Life! 」

Category : MUSIC
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

昨晩、
揺れました
痺れました
呑みました
DJの
ナイスなチョイスと
姉妹デュオChicari
ヴィヴァ!
ドメスティック!
@VIVA LA MUSICA

「 Viva La Music Life! 」
Live:Chicari
DJ:Wataru(W)
  Music Life Crew

V1.jpg

V2.jpg

V3.jpg

V4.jpg

V5.jpg

V6.jpg

V7.jpg

烏丸ストロークロック「 まほろばの景 」

Category : パフォーマンス見聞
まほろば

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

2018.02.09〜02.11
【 ロームシアター京都 ノースホール 】
烏丸ストロークロック
作・演出:柳沼昭徳
音楽・演奏:中川裕貴
出演:坂本麻紀/澤雅展/角谷明子
小菅紘史(第七劇場)
小濱昭博(劇団 短距離男道ミサイル)
松尾恵美

鼻孔の奥が痛くなったよ
終った後で出演者に告げると
「どこで?」と。
いや、多分、これは
筋立てや展開ではなくて
この演劇空間に居ること
そのものに
“叶わぬカタルシス”を
確信的に得たから
かな、と。

アフタートークで
ヤギーさんは言う。
「いい評価の作品を
いろんなとこで
同じように公演してたら
もっといいのかも
しれないけど
何というか、
アタマん中で
どんどん新しい
アプローチが
出て来て
今、完成したものは
僕にとって
もう古くなる…」

ヤギーさんこと
柳沼さんの
この言葉こそ
真骨頂。
だから僕の感涙も
そこにあると
気付く。

「この作品は
点と点を
無理矢理結んで
“物語”にしないことを
考えた。
だからもしかしたら
難しい演劇に
なってしまったかも
知れない。
でも嘘は
入れたくなかった」

烏丸の演劇を見る時
すこしだけ、そう、
シャツの一番上の
ボタンを閉めてから
観よう、と
いつも思ってた。
時々観客の感覚を
見事にすくい投げ
するようなことを
なさるからね、
この人は。
でも今回、
気がついたら
そのボタンは
見事に弾け
どこへ飛んだかも
わからない。

いくつもの
キーワードは
あるにせよ
やはりヤギーさんの
視座の深さや
“検証力”や
不確実で
不穏な時代の中で
“揺らぐ精神”によって
弱体化された人格の
細やかな
“事情”というものを
舞台という
火鉢の上で
炙り出している、
そんな気がする。


















渡部 慶二郎 ~ メタルワーク展

Category : 現代美術シッタカぶり
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

2018.01.23~02.04【 gallery MARONIE 5F 】

初日に伺ったら
4名ほどの方が
せっせとパーツのジョイント。
渡部さんは極々普通に
「まだですわ、はじまったばかりで」と。
つまり会期中に組み立て、
会期中にばらすんですね。
ですから完全なカタチは
1月26日から2月2日(つまり今日まで)しか
ここに存在しないことに。
というわけで
告知が遅くなって申し訳ありません…

この最上階の濃い空間に
ひとつの作品のみ。
屹立した理知的で整然とした
グリッドの構造物。
やはり渡部さんの
愛を強く感じます、愛をね。
どのパーツも全て手づくり、
徹頭徹尾妥協許すまじという
言葉がぴったり。
男子そそり系なフォルムは
いろんな角度から眺めて
僕はすでに妄想の体…
このグリッドの中を
ファルコンが
駆け抜けていくシーンを
想像したりして…

それは立体でも彫刻でもない
限りなくモニュメントの要素に
満ちている、そんな気に。
礼拝、祭壇、墓碑銘…

解体作業、現場を目撃するのも
確かに一興であるかな、と。
実物の凛とした佇まいを
ぜひ、この機会に!

w1_20180213182730614.jpg

w2_20180213182728ff1.jpg

w3_20180213182727443.jpg

w4_201802131827260c6.jpg

w5_20180213182725b53.jpg

w6_201802131828345ef.jpg

w7_2018021318283287b.jpg

w8_201802131828328a9.jpg

w9_20180213182831802.jpg

w10_20180213182829e96.jpg





















木下 珠奈 ~ Yard sale in the pot

Category : 現代美術シッタカぶり
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

2018.01.30~02.04【 KUNST ARZT 】

1月のほぼ末日、
訪れたギャラリー室温は
何度か高いように、
壁一面に貼られた作品が
もし油や岩彩だったら
こってり重くて
主張が強過ぎて
こんなに軽やかには
いかない。
それぞれの画材が持つ
スペックと
画家の思うテーマが
対峙しながら
熱は帯びるが
「主張」が際立つ展開に
なるかも。
もしもそれを“アク”と
呼ぶとしたら
ここに見えるのは
版画のもつ
反復の面白さであろう、と。
だったら
マイケル・リンの
サイジングの意表の突き方よりも
どんどん行って
むしろ今様の(ボタニカルな)
強烈にライトな
ウィリアム・モリスに
なったらよろしい、かと。

何よりも
ファンシーでファンキーな
浮き立つ気分に
させる独特の“ムード”を
どう展開させるか…と。
いよいよ春、です。

k1_20180213180801f75.jpg

k2_20180213180759b24.jpg

k3_20180213180758b18.jpg

k4_20180213180757f1a.jpg

k5_20180213180756e38.jpg

k6_2018021318090794c.jpg

k7_20180213180906305.jpg

k8_201802131809058bf.jpg

k9_201802131809043a5.jpg

k10_2018021318090376e.jpg
























58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
ゆらゆらと過ごしております。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
facebookもよろしくです。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!