FC2ブログ

第45回 グッドアート展 | よあけのうた

Category : 現代美術シッタカぶり
2021.03.02~03.07
【 京都市京セラ美術館 本館 南回廊2階 】

1_2021030708182579d.jpg

2_20210307081826b70.jpg

3_2021030708182800b.jpg

4_20210307081829f67.jpg

5_20210307081831d9b.jpg

6_20210307081832aea.jpg

7_20210307081834ba9.jpg

8_20210307081835927.jpg

9_202103070818377a4.jpg

10_20210307081838d13.jpg

11_20210307081853ef6.jpg

12_202103070818556d0.jpg

13_202103070818575cd.jpg

14_20210307081858420.jpg

15_20210307081859627.jpg

16_202103070819014a3.jpg

17_2021030708190255e.jpg

18_20210307081904f55.jpg

19_20210307081905b79.jpg

20_20210307081907aa1.jpg

21_202103070819097e9.jpg

榊原太朗 個展 | GRAND MASTER CHALLENGE

Category : 現代美術シッタカぶり
1_20210307073239efd.jpg

2021.02.24~03.07
【 ギャラリー三条祇園 】

各作品についての
詳細なテキストを読みながら観る。
僕ごときが
能書き垂れるまでもない
明解な紐解き。

京都精華大学マンガ学部の
カートゥーンコース特任講師である
作家ならではのキャプションの仕様は
ありがちな9ポイント以下ではなく
老眼世代にも実に見やすく
親切。

読みながらどうぞ。

作家 オフィシャルサイト↓
http://www.tarosakakibara.com

2_20210307073240224.jpg

3_20210307073242710.jpg

4_20210307073243a7c.jpg

5_20210307073245a17.jpg

6_2021030707324644a.jpg

7_20210307073248178.jpg

8_20210307073249d8e.jpg

9_202103070732518fc.jpg

11_20210307073254e56.jpg

12_2021030707325503d.jpg

13_20210307073257857.jpg

わたしが魚だったころ | 品川美香

Category : 現代美術シッタカぶり
1_20210306093503c53.jpg

2021.03.04, 03.05(13:00~18:00)
03.06, 03.07(10:00~18:00)※要予約
【 庵町家ステイ「三坊西洞院町町家」】

離れの数寄屋つくり。
入った瞬間、目に入る作品と
置かれた空間、まさに「間」との
バランスが見事で。

これは展示空間を綿密に考慮し
シミュレーションを重ねながら
掛かる作品のサイズを
決定したとのこと。

なるほどと、ひとりごち。

ファインダー越しに視る作品の
フレームの収まり具合が実に絶妙で
このせいなのか
と、つくづく感服。

思えば品川さんの作品は
町家で見る機会が多かった。

「ここでしかできない展示をしたかった」と
仰るだけあって今までで一番
しっくりと。

品川さんと言えば
赤毛のショートボブ。

彼女たちをじっと見ていると
ふとアル・クーパーが結成した
BS&Tの
「子供は人類の父である」という
アルバムタイトルが浮かんでくる。

その奇妙で的をついたフレーズが
画面宇宙の中で
その作風の特色でもある
両義性や二重性と相まって
帰路の脳内で
ずっと離れないで響いている。

作家 Instagram↓
https://www.instagram.com/mika_shinagawa/?hl=ja

2_202103060935053b2.jpg

3_20210306093506121.jpg

4_20210306093508182.jpg

5_20210306093509e59.jpg

6_202103060935101ee.jpg

遡上する幻惑 | 川﨑麻祐子 個展

Category : 現代美術シッタカぶり
1_202103060846143b0.jpg

2021.02.27~03.07
【 ギャラリー・ヘプタゴン 】

川﨑さんの作風の変遷も
見て取れる展示。

2014年頃の作品を
知らない僕にとって
”その” 断面の
ディテールの転化や投影に至る
様々なマッチングといった
作家の欲求は直感的で若さを感じる。

水族館ではしゃぐ
子ども時代の川﨑さんの感覚が
こうして作品として
成就されていることに
長く深い伏線、そして
言わずもがなの執着を。

鮭の切り身の鮮やかさや
艶やかさに驚嘆する人は
そう多くは無い



作家というものの
生来の食いつきは
常人をもって理解しがたい部分
つまり
「至極当たり前からの抽出」と
それゆえにオリジンな
自らの所在を旨とする
極めて真っ当な美的意識であり
全てはここに発露する
強烈な核であろう
と。

そこに僕らは
懇懇と気づかされるわけである。

冒頭でいう
過去作よりも
その本質、うーん、むしろ
なぜ
そこに惹かれるかという根拠の
証左を
よりシンプルに
さらに引き算な作風として
確立している
近年の作品も一堂に。

とはいえ
片意地張るでもなく
いつも平常心で
彫る、のせる、摺るを
所作しながら
つくり続けることは
並大抵ではないな
と。

ギャラリーサイト↓
https://www.heptagonworks.com

2_202103060846151c5.jpg

3_202103060846160dd.jpg

4_2021030608461834e.jpg

5_20210306084619820.jpg

6_20210306084621881.jpg

7_20210306084622300.jpg

8_2021030608462488e.jpg

9_20210306084625044.jpg

10_20210306084627d57.jpg

11_20210306084628aab.jpg

12_202103060846308a0.jpg

13_20210306084631120.jpg

三宅章介 | 切妻屋根の痕跡のための類型学

Category : 現代美術シッタカぶり
DSC01037_20210305163819277.jpg

2021.02.23~03.07
【 京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク 】

思えば三宅さんとの出会いが
どういった経緯だったのか
具体的にあまり覚えていない。

ただ印象深いのは
同じ嗜好であることを確認しつつ
内密なシンパシーを感じたこと。

そこに
ジェラシーが無かったといえば
嘘になるが
何せ相手は大学の先生。
専門家である。
展開はあくまで思慮深い。

ここにあるキーワード
「類型学=タイポロジー」が
僕と同じような対象を狙っていても
そこに専門性を忍ばせている
ある種のズルさ、なのであるね笑

ここに「視る=観る」ことができるのは
あくまで、束の間の痕跡で
こうして構築すること、芯のある
歯ごたえある展示は
僕には
まずできないなぁ、と。

三宅さんの
見立て結果としてのクールさは
僕の中では微塵も無い。

私ごとであるが
確か2016年だか17年に
Lumen galleryとGallery Mainの企画の
公募展で「疎を挟む」という
100点のL判プリント作品を展示して以来
ずっと、三宅さんと
同じネタを撮り続けている。

僕のはかなりバタ臭い写真で
スナップに近い。

写真から察知しようとされる
磨かれたアンテナをお持ちの方々が
この写真を見て感じることは
言わずもがなであるが
地方都市の歪みが
そのままエアポケットのようになった
この空白が同時に
家族親戚縁者の成り行きであるところの
相続にも後継にも
何よりもそのものの「道行=みちゆき」の
成れの果てであることを思うと
詩的な癖を入れ込んでしまう僕の
メランコリックな感情は
気が付いたら僅かに残ってる厄介な
もしかしたら、プラモデルの
「バリ」のようなものかもしれないな
と。

作家サイト↓
http://www.akiyoshi.jp/exhibition.html

DSC01038_202103051638205cc.jpg

DSC01039_20210305163822b3b.jpg

DSC01040_20210305163823b15.jpg

DSC01041.jpg

DSC01042_20210305163826a1f.jpg

DSC01043_202103051638284f1.jpg

DSC01044.jpg

DSC01045_20210305163831db8.jpg
58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

ナミキ・キヨタカ

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
ゆらゆらと過ごしております。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
facebookもよろしくです。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!