fc2ブログ

酒井一貴 | name is kyoto(No.3562)

Category : KYOTO GRAPHIE 2022
15_202205030646248bc.jpg

KG+ KYOTO GRAPHIE

2022.04.27~05.08(月火:休)
13:00~19:00(最終日〜17:00)
【 MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w 】

転職して
しみじみとわかることがある。
この仕事には
送迎がつきもの、というよりも
これがうまくいかないと
全てが破綻する。

1ヶ月と3週間。
97名の家々を覚えた。
点を線でつなぎ、
近道、隠れ道、獣道のような
京都ならではの地理を
ひしひしと、愕然、と。

人が、そこで、生きている。
僕の想像なんて
せいぜい知れている範囲を
超えていない。
そこにあるのは”別の京都”だった。

何気ない写真、に見えてくるものが
好きで、
酒井さんのフレームに見える
街々の所作、というか
面差し、というのか
気配、というのか
そんなものに
心地よいシンパシーを
いつも抱きながら
改めて、京都に住んで
仕事して、遊んで、
そんで、生きている自分を
この六つ切の中に
没入させながら
東京生まれの僕の
約半世紀前の
かつての淡い憧憬と
ハンドルを握りながら
フロントガラス越しの
今、を考える。

ギャラリーサイト↓
http://www.voicegallery.org
KYOTO GRAPHIE 2022↓
https://www.kyotographie.jp

1_2022050306453472a.jpg

2_202205030645376e4.jpg

3_2022050306453784f.jpg

4_2022050306454016e.jpg

5_20220503064540dd5.jpg

6_20220503064543457.jpg

7_2022050306454343b.jpg

8_20220503064546dab.jpg

9_20220503064546b7f.jpg

10_20220503064548831.jpg

11_20220503064617d3c.jpg

12_202205030646198cb.jpg

13_20220503064622fb8.jpg

14_2022050306462245f.jpg

DESIGN DIALOGUES | メゾン・エ・オブジェ・パリ展

Category : 現代美術シッタカぶり
2022.04.28~05.09
10:00~18:30(最終日~15:30)
【 京都高島屋 7階グランドホール 】

つまり、椅子、と、照明。

ARTを観る目、よりも

練られた商品、を、見る、感じに。

美しい家具は、

見ていて、やはり、楽しい。

ここに至る、洗練さ、というもの

を。

https://www.takashimaya.co.jp/store/special/maison-objet/top.html#movies

YouTube↓
https://www.youtube.com/watch?v=x5Cp6jNygpE&list=TLGG81ubNmqaf8UwMjA1MjAyMg&t=26s

https://www.youtube.com/watch?v=-1B6ZkGPuaA&list=TLGGzguS9-O1weAwMjA1MjAyMg&t=28s

1_20220503061206262.jpg
パオラ・ナヴォーネ(イタリア)

2_20220503061208573.jpg
クリストフ・デルクール(フランス)

3_202205030612091d8.jpg
フィリップ・スタルク(フランス)

4_202205030612111e7.jpg
ジャスパー・モリスン(イギリス)

5_2022050306121235d.jpg
パトリック・ジュアン(フランス)

6_20220503061214ea4.jpg
インディア・マダフィ(フランス)

7_20220503061216e66.jpg
コンスタンチン・グルチッチ(ドイツ)

8_2022050306121624c.jpg
ウンベルト&フェルナンド・カンパーナ(ブラジル)

9_20220503061219030.jpg
吉岡徳仁(日本)

10_202205030612193c0.jpg
エドワード・バーバー&ジェイ・オズガビー(イギリス)

11_202205030612575ca.jpg
ロナン&エルワン・ブルレック(フランス)

12_20220503061300799.jpg
ハイメ・アジョン(スペイン)

13_202205030613035bb.jpg
パトリシア・ウルキオラ(スペイン)

14_2022050306130384c.jpg
ノエ・デュショフール=ローランス(フランス)

15_20220503061305baf.jpg
フィリップ・ニグロ(フランス)

16_20220503061305506.jpg
トム・ディクソン(イギリス)

17_202205030613085e7.jpg
佐藤ナオキ(日本)

18_20220503061308728.jpg
ピエール・シャルパン(フランス)

19_20220503061309448.jpg
セバスチャン・ヘルクナー(ドイツ)

20_20220503061312c3e.jpg
マイケル・アナスタシアデス(イギリス)

21_20220503061341d07.jpg
フランクリン・アジ(フランス)

Ink OPEN STUDIO | 伊藤学美・むらたちひろ・湯浅敬介

Category : 現代美術シッタカぶり
2022.04.29~05.01(月:休)
13:00~18:00
【 Ink 】

2019年秋の10箇所の
オープンスタジオツアー以来
3年ぶり。
やっぱり、現場は面白い。
作品が
余所行きの顔
していない場所。
整えすぎていない場所。

Ink website↓
https://studio-ink.tumblr.com/
Ink instagram↓
https://www.instagram.com/studioink_kyoto/
伊藤学美↓
http://www.manamiito.com
むらたちひろ↓
https://murata-chihiro.tumblr.com
湯浅敬介↓
https://www.instagram.com/keisukeyuasa/?hl=ja

1_20220502065405baa.jpg

2_20220502065408bac.jpg

3_20220502065408619.jpg

4_20220502065411abe.jpg

5_2022050206541192d.jpg

6_202205020654146ed.jpg

7_20220502065414039.jpg

8_20220502065417434.jpg

9_202205020654178c8.jpg

10_20220502065420a4a.jpg

11_20220502065452273.jpg

12_202205020654541d3.jpg

13_20220502065457136.jpg

14_20220502065457c41.jpg

15_2022050206545950c.jpg

16_20220502065459ce4.jpg

17_20220502065502969.jpg

描く | 明楽 和記

Category : 現代美術シッタカぶり
1_20220502064904534.jpg

2022.04.19~05.01(月:休)
15:00~19:00
【 Art Spot Korin 】

小学生の頃
長女が描いた鴨川の
水彩画の裏に
小さな紙が貼られていて
こう記載されていた。

「この風景を描いた理由を
書きなさい」

唖然も怒りも呆れもなく
見た瞬間に
笑っていたっけ。
そして心の中でつぶやいたよ。
「あなたがそれを当たり前のように
絵の裏に貼った理由を
書きなさい」とね。

果たして、美術に限らずだけど
良い先生って、何だろう。
中学校の美術の授業を
1年間担当した明楽さんはこう言う。
「絵の上手い下手で評価はしない」

現代美術家が
学校の美術の授業を受け持つ。
ならではの、意味とは、何だろう。
それは実際
当事者にも、難しいだろう。
絵の上手い子が
必ずしも
美術を好きになるとは限らない。
やはり
美術の授業が楽しいと思えた子が
美術を好きになるんじゃないのかな。
僕は中学生時代の小鷹先生が好きで
(でも先生は僕にさほど関心はなかった)
おかげで美術はずっと、5、だった。
体育教師は大嫌いで、
ほぼ、2、だった。
そんなもんだと、思う。

ギャラリーではガチンコな
マーブリング作品が
”出来不出来に関わらず”
全て釘でしっかりと展示される。
マーブリングは
絵を描くことが苦手な生徒にも
好評だった、とか。
久しぶりに
マスター猪口にお会いできて
二人でやってみた。
やはり現象、ってオモロイな。
世の中、
考えたようにならないものが
ほとんどなんだ。

琵琶湖畔に立てたイーゼルに
萌える、もとい、燃える
物体としての支持体。

明楽先生の授業を
受けてみたかったな。
つくりたい、描きたいものに
近づくと
そこには、残酷なほどの
枷も縛りもプライドも
立ち現れてくる(のだろう)。

常に、ゼロ、に戻る。
描く、って何だろう、
つくる、って何だろうと
永遠に問い続けること。
ほら、美術は、存外楽しいぞ。

ギャラリーサイト↓
https://artspotkorin.wordpress.com

2_20220502064907b1b.jpg

3_20220502064907fb0.jpg

4_20220502064910a53.jpg

5_20220502064910a44.jpg

6_202205020649129ac.jpg

7_202205020649135aa.jpg

8_20220502064915c5c.jpg

9_202205020649163b8.jpg

10_20220502064918ad3.jpg

11_20220502064946eba.jpg

12_2022050206494919f.jpg

日下部 悠帆 展 | 永遠と一瞬

Category : KYOTO GRAPHIE 2022
1_20220501095713a8b.jpg

KG+ KYOTO GRAPHIE

2022.04.19~05.01
12:00~19:00
【 ギャラリーヒルゲート 2F 】

画家にとってのパレットは
まさしく色彩という食材の上に
逡巡や決意という
見えないエッセンスを
まぶしながら
かつ、それ自体は意味性など
剥奪されているかのように
厳然とアトリエで
主人を待つ
創造の皿、である。

ここに写されているものは
作法の堆積。

鍾乳石のように
見ようによっては
カラフルな樹氷にように
この、さほど大きくもない
皿に
もう一つの世界をつくる。
それは意図や意識や見栄えを
伴わない。
つまり、価値、とは無縁のもの。
しかし、この世界は
画家の歴史の中で
連綿と増幅され
役目を終えれば
静かに屋根裏で眠る。
なんと健気、ではないか。

画家である父の
もう一つの所産は
こうして
娘さんによって
淡い眠りから覚醒した。

KYOTO GRAPHIE 2022↓
https://www.kyotographie.jp

2_20220501095716f71.jpg

3_20220501095716a4c.jpg

4_202205010957195e7.jpg

5_202205010957190fa.jpg

6_2022050109572241e.jpg

7_202205010957221a9.jpg

8_20220501095725b7f.jpg

9_2022050109572565a.jpg

10_20220501095728bd5.jpg

11_20220501095801dec.jpg

12_20220501095804d6c.jpg


58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

ナミキ・キヨタカ

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
ゆらゆらと過ごしております。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
facebookもよろしくです。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!