「 現在的介護私感 」

Category : 浮世の「うっ!」
そら

僕はブログでもフェイスブックでも、
ことさらに介護について書いたことはない。
グラフィックデザイナーという
(僕の場合は中々にエンドユーザーが見えにくい環境にあった)
ほぼデスク上のディスプレイと向き合いながら終日を過ごす中で、
あるいはオリエンテーションと称する殆ど時間のムダとしか思えないような
不幸な機会ばかりに巡り会ってきた中で
僕は確かに疲弊していた。
後半20年ほどはフリーランスとして、盆暮れなしに働いてきた記憶しかない。
さて、そんな机上の仕事、あるいは納期という抗えぬ壁の前で
いつも嫌な汗ばかりかいてきた僕が、
母の終末期に様々な手立ての一環として当然ながら介護施設のスタッフや
ケアマネージャーとお話しさせていただいているうちに
この「現場」で、もしかしたらリカバリー(を予期していた)したい己の
身の置き所が見つかるかも、
そんな風に思えたのは、もしかしたら一重に対応していただいた方々の
人となりに魅力を感じたからかも知れない。
一切のデザイン業務の停止、取引先への説明、事務的処理、備品の後始末、等々…
煩雑な日々の中で、しかし次第に介護現場なんかで働けるのだろうか?
あの時の決断が徐々に不安に変わっていった時に
無資格でも採用、というほぼ無条件でのデイサービスの仕事を得た。
3つの現場を渡り歩き、あれから丸5年を越えた。
なぜ、今こんなことを書く気になったかと言えば
現場で起こっている様々な問題や案件、対応について
自分にも現場にも足らない何か、それを探りたいという
強い思いがここへきて頭をもたげてきたのだ。
ひとつの区切り、そして、こう考えていたという備忘録の意味も含めて…。

さて、介護現場というのは、或る種の明解なベクトルの元、
そう、セオリーやテクニカルな「手法」や「考え方」に
“強制的な” 共通認識を持たざる得ない現場である。
介護する側の個体差というものも充分に考慮したノウハウが
おそらくは何百冊という書物に書かれていることだろう。
そしてお決まりのように、お題目のように唱えられる
「寄り添うように」という言葉の、なんと欺瞞に満ちた響き。
結局この抽象的なスローガンの連呼が
介護職員を苦しめてきたのではないか。
寄り添うという、弱者への見立てそのものが
結局、ケアという言葉に集約された「間違った尊厳観」を
刷り込んできたのではないか。
介護職員の慢性的な不足の解消としての報酬アップは
あくまでも一時的なカンフルにしか過ぎないのは
誰の目から見ても明らかである。
「魅力のない現場」は「魅力に欠けたスタッフ」が作る。
介護の現場がやはり、詰まるところ
3Kであることは言うまでもないし、これからも変わらない。
介護ロボットや先進テクノロジーのエピソードは事欠かないが
現場に降りてくるのにかかる時間を考えると暗澹とする。
だとすれば、やることは何か。
それは介護スタッフの「感性」を磨くことである。
実務的な「効果」や「結果」だけが評価され、
豊かな知識、場数を踏み、判断力に長け、
頼れるスタッフが優秀であるという不文律は
変わる事はないが、それ“だけ”でいいのだろうか。
介護スタッフは言うまでもなく良好な接遇を求められる。
当然ながら相手は人間であり、
ダンスでいうところの「コンタクト・インプロヴィゼーション」を
強く求められる。
なぜなら彼ら利用者は、今日と明日では人格が入れ違ったのではないかと
思うほどに、激変することがあるからだ。
インプロとは即興。
その場、その場の対応が物を言う。
失敗しても間違ってもいいから、ダイレクトに接すること。
ここにセオリーは無い。
誰にも読めない現実。
確かに出勤する時は開口一番、いつも前のシフトのスタッフにこう訊く。
「今日は平和?」

介護スタッフはいつも何かに呪縛されている。
僕は最近、自分も含めてそう感じる。
だからこそ「対応力」というものは
そのひとの「感性」が補えるのではないか、と。
僕はフリーランス時代に、時間をみつけては
劇団で公演し、ダンスで公演し、朗読し、
様々なワークショップで、いろんな人たちと出会い、
まさに一期一会のひと時を多く過ごした。
そして結果的に多くの人たちに多大なる迷惑をかけてきた。
相変わらず今もそれは変わらない。
僕には実際失うものなどない。
ただやりたくなったらやるだけだ。
介護=ケアを特定の方法論でしか論じられない人は実に不幸だと思う。
それは介護に限界を作り、スタッフの精神的な充足感を奪う。
精神的な充足感って?
世の中には色々な人たちが居て、いろいろなことをしている。
では彼らはその「いろいろな人たち」にどれほど出会うか。
つまり様々な価値観を知るということであり、
何をもって充足するのか、何にとまどうのか、何に悩んでいるのかを
知るチャンスを日常生活の中で得る努力をしているのか、ということ。
そういう人たちと近い距離で接すること、
そういう活動に触れること、
寸暇を惜しんで足しげく通い、創造する喜びに少しでも触れることこそが
自分を広げるきっかけになるのではないか。
僕は休日のほとんどをギャラリー巡りで作家と会い、話することに費やしている。
他でもない、彼らへのジェラシーがそうさせている。
それは自分自身への発奮にも繋がり、活力へと導かれる。
狭義として自分の職を捉えてほしくないのである。
様々な研修が予定にアップされ、粛々と“こなされて”いるような現状では
どこまで行っても介護職の労働環境なんて変わらない。
そんなことやっている暇があったら、
インプロのワークショップでも受けた方がはるかに効果的である。
こうして機会はどんどん失われていくわけである。


スポンサーサイト

現代美術公募展「 Non Conquest 」 に出品します。

Category : 浮世の「うっ!」
錠剤


そもそもギャラリー巡りは、
グラフィックデザインを生業としている時に、
どうにもうまくデザインがしっくりこない、あるいは
全くアイデアが浮かばない、
そんな納期にむけての嫌な汗を癒す意味がありました。
それがいつのまにか習慣となって
30年続けたデザイン業を退き、
介護職という仕事に従事してもなお、
休日にギャラリーを巡りながら作家さんとお話をするという
いわば、オフのルーティンとなりました。
自分で理由を探してみて
やはり作家活動への強烈なシンパシーと共に
ジェラシーも相当に含まれていることに気がつくのです。
ですから、素人が素人なりに、
いつか個展をしてみたいと思うのは
自然のなりゆきでした。

ダメ元で応募した或るギャラリーの公募展に
なんでか通ってしまい、
この度、17人の作家さんと共に
展覧会に出品することになりました。
このコンセプトはともかくも
とにかく他人様の目に触れる機会を得たことに感謝します。

素材は薬の包装に使われるPTPシートです。
施設で働くうちに「何かに使えないか」という
スケベ心がむくむくと沸き上がり
まずはナースに頼んで(相当に怪訝な反応でしたが)
空いたPTPをとっておいてもらうことにしました。
しかしそれから2年ほども
これをどうするのか、アイデアが出て来ずにいました。
やっと形にできた瞬間に
次から次へと脳内でウニャウニャして
今、とても楽しみ事が増えた気がして
(まだ何も始まってないのですが)
結構、ウキウキしています(笑)
奇しくも祇園祭の真っ最中です。
京都にお越しの方も含め、ぜひ
ご高欄いただければ幸いです。
なにぶん、フルタイムワークですので
在廊は今のところ7月27日(水)と30日(土)ぐらいしか
ありません。
ですのでお見えになる際は
「必ず手ぶらで」お越しくださいませ。

【 JARFO 京都画廊 】
京都市上京区河原町通今出川下ル 河原町トウキュウビル1F
tel : 075-255-1308

出品作家:石井誠/井上紗琳/川中政宏/菊地ルイ/貴志在介/サジ・トモコ/繁田友香/鈴木杜央/宗由美子/ツツミアスカ/中村郁夫/並木清貴/能登俊人/平賀壮太/廣田聡一郎/三木千種/春蓮 隆平/ヤマゲンイワオ

KUNST ARZTにて「 大塚 聰さんに会う 」

Category : 浮世の「うっ!」
P5310001.jpg

KUNST ARZTで、強烈な出会いの、ガテン・ヴィトンをお召しの創作家・大塚 聰(さとる)さん。これで表参道の「エスパス ルイ・ヴィトン 東京」にご訪問されてます。YouTubeにもアップされてます。検索は「ルイ・ヴィトン作業着男 表参道をゆく!!」で。ご本人は至ってフランク。「どんどんネットにあげてOK!」と。こういう人に出会うと俄然、元気出るのはやっぱ僕がミーハーなのかな。ところで、これ全て面相での手描き! 地下足袋も! ヘルメットも! さらにお守りも! 完璧です。胸には「 ÇATOLOUX」の文字。これ「サトル」のフランス語とか。KUNST ARZTに居ることの自然さは岡本さんのニヤニヤした顔でさらにジャストフィット! これから成安の木内さんの作品展に行かれるそう。只今4時、早く! これで地下鉄、JR、バスと乗り継ぐのです!正にアッパレ!

大塚さんのブログは → http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/

P5310002.jpg

P5310003.jpg

P5310004.jpg

P5310006.jpg

P5310008.jpg










エンブレムへのレクイエム。

Category : 浮世の「うっ!」
こういうことになって、もうこの件について考えるのはバカバカしいなぁと思ってはいますが
「盗作であるか否かという「話題」について個人的には全否定 “したい” 気持ちであること。
佐野研二郎というデザイナーの業績、実績、そして結果としての受賞歴、
また彼の「肩書き」を見て盗作したと考える方に無理があります。
近似と盗作が、まるで罪人のごとく報道されるという絶対的な根拠は無いはずです。」と
8月4日の拙ブログにアップした冒頭部分については、
その時の僕の正直な気持でした。
さて、昨日エンブレム使用中止の一報が入り、
確か利用者様の食事介助をしながらテレビで会見を知りました。
ブログにアップした内容は結論から言えば盗作うんぬんというよりも
デザインそのものに何ら魅力を感じなかったという個人的見解の前提があり、
僕などには盗作であるか否かの検証のしようも無いわけで、
結果的にパクリが指摘され、その後も展開例の写真の流用、
原型デザインそのものの盗用疑惑と、あれよあれよという間に彼は
「パクリの総合商社」のように扱われています。
何よりもただただ残念の一言です。
「今日の佐野」と揶揄されるほどに毎日のようにパクリ指摘が表出しています。
(今のところ事実はわかりません)
一体彼はデザイナー以前に何者なのかと思わせるほどです。
もっと言えば「ひと」としていかがなものか…
ここまで短期間に天国から地獄へ落ちた例は小保方さん以来です。
もしかしたら佐野というデザイナーによる盗用なのではなく、
盗用を何とも思わない彼がたまたまデザイナーになったのかも知れません。
しかしこれについては何ら確証がないのが現実です。
佐野さんが何らかの罪に問われるのかもわかりません。
一つひとつ「謎」を解き明かしてくれる人は必ず居るはずですから、
ひとまず佐野さんの件は置いときましょう。

問題は取り巻きの連中です。
「佐野氏が作成したエンブレムがオリジナルであることには変わりないが、
このエンブレムが強い批判を受けていることを考えれば、
大会組織委員会の決定を理解することができる。新たなデザイン選考の結果を楽しみにしている」。
まぁ、呑気というか、どれだけのカネをドブに捨てたか、
このお間抜けな国際オリンピック委員会のコメントから察するのは難しいです。
お友達でもない佐野さんを擁護したわけでもないですが
「当然のモラル」として有り得ない、と感じたから、
そのままブログにアップしましたが、
今、「誰も悪くない」とうそぶく厚顔無恥な連中や組織そのものの責任を徹底的に追求せねば、
やはり腹の虫が納まらない落選された方々の気持ちにそぐわないと思います。
「新しいスタート」というフレーズをここで持ち出すバカども(失礼)も然りですが、
スポンサーが一斉にバカども(またまた失礼)に集団訴訟を起こしてもおかしくない状況です。
そして「何でもすぐ忘れる日本人」の居る日本国内の話で済まないのが、
かつての「デザイン大国」と称された日本の失墜、ダメージです。
彼の一件でグラフィックデザインという世界が何とも生臭く、
いやらしく、姑息なものと映る、
修復不可能な状況を図らずも世界へ発信してしまいました。
中国を「パクリの国」とバカにしていた国がこのていたらくです。堕ちたものです。

さて、デザインのこと。
僕も長年デザイン業界に居ましたが、
これほどにあからさまな「盗作」「盗用」といった件に出会ったことはありません。
ただ佐野さんが(ここでは代表である佐野さんという意味で)展開例で使った写真が
海外のブログに使用されたものと一致したという件については
スタッフ間や、あるいはデザイン部というセクションが部署としてある会社であれば
社内の「たたき台」として示すことは事実あります。
そこでクライアントに示す段になってカメラマンに頼むか、
スタッフが現場へ行って撮影するわけです。
社外へその写真を使ったプレゼンを出した瞬間に著作権に引っかかるからです。
つまりこの「使われた写真」そのものが利益を得るための材料として使われたと解釈されるわけです。
よく「個人で楽しむ以外は使用を堅く禁じます」という旨の文章を目にしますよね。
直接的には関係はありませんが、
このブログの現代美術レビューは数えて570本に達しようとしています。
或る時アップした個展にコメントが寄せられていました。
記憶の限りでは「あなたはきちんと許可をとって撮影しているのでしょうか」といった内容のものでした。
作家なのか、関係者かは定かではありませんが、
その時、自分がなんと無神経だったか、気付かされたのです。
このことを機会に必ず撮影許可をギャラリーなり、
作家さんなりにもらってからシャッターを押すようになりました。
もっとも今では「うちは全て写真撮影を許可していることを
作家にも伝えてあります」というギャラリーも増えてきました。
しかし撮影禁止の作家さんも大勢いらっしゃいます。
無知ながら理由をお訊きすると画像を拡大して、
いつのまにか生地にプリントしたり流用したりといったフトドキな輩が居るという話でした。
考えてみれば、もし佐野さん側が許可無く流用したとなれば、
この「フトドキな輩」がまさしく佐野さんというわけです。
僕がデザインを始めたころはもちろんMacはありませんでしたから、
方眼紙に定規を当ててロットリングでトンボ引きから版下を作りました。
その後にトンボシールが発売されたときの喜び!ときたら、というくらいに、
デザインという仕事は手作業の連続でした。
つまり職人的な手作業以前に「優れた発想」を求められていたわけで、
今考えれば健全な職場であったと思います。
仮に写真を流用したくても、元々印刷されたもの(4色掛け合わせ)を使えば
明らかにクオリティが落ちて、モアレも見えて一発でわかってしまいます。
パソコンがないので網点をぼかして消すなんてこともできません。
佐野さんに欠けていたもの、それは「ネット社会でデザインする」ことのリスクを
甘くみていたということです。
ネットから流用すれば、その瞬間から相互関係が成立してしまうのです。
だって原型デザインが盗用指摘された展覧会のバナーについても
佐野さんはネットにわざわざ書き込みしてますよね。
もちろん賞賛コメントです。
なのにバナーに関して「見ていない」というのは
「水増しして経費を流用していない」とシラを切る議員と同じレベルの言い訳です。
アカウントを削除しても画面を画像として保存されれば、
永遠に拡散されてしまいます。
自分とこのバカ(またまたまた失礼)スタッフのしでかした不始末を
陳謝するのは代表として当然ですが、
傷ついたキャリアのデザイナーの作品(=ではなく、これは商品)を
ありがたく使っている会社は「縁起が悪い」と思うでしょうね。
佐野さんのデザイン人生はこれで終わりでしょうか。
彼は現在最も孤独なデザイナーでしょうか。
彼を擁護したデザイナーも今頃、事務所の隅で震えているかも知れません。

彼のしたことの重さ、彼を推した人の責任、検証もせずに一件落着しようとする連中の無知ぶり、
そして「普通はわからんようにやるやろ」と心の奥のほうでつぶやく無数の弱小デザイナーたち、
「もう、やるのはやめよう」と我に帰るフツーのデザイナーたち、
何よりも「デザインする」ことの原点を再認識しようではありませんか、と
マジメに言いたい気持です。
佐野さん、自ら出て来て釈明なり、質問なりを受けていただきたい。
あれだけの受賞歴があるあなたも単なる俗物に過ぎなかったことを示して下さい。
そして全てのクライアントに深く謝罪してほしいのです。
身から出たサビとは言え、40代にして、終わりでは悲しすぎますよ。

「 ヒロシマ、ナガサキが、教えてくれたこと 」

Category : 浮世の「うっ!」
げんばく

これを発明したのも、落とすと決めたのも、落とされて殺されたのも、それを正義と信じるのも、まぎれもない人間。だから人間である以上は絶対に忘れてはならない。風化という常套句はここには要らない。「戦争」とは何か。この人類史上最悪の罪を誰にも「問えないこと」これこそが戦争の真実だ。だから僕たちはもっと想像力を働かせなければいけないのだ。もっともっと。昨日の番組で、被爆者が小学生に体験を語るという場面で最後に「原爆が落ちたことはあなたたちにも関係があります。原爆を落とされたのに原子力発電所はあるのはおかしい。私は反対です」と言った瞬間、校長が止めに入ったという。政治的発言はふさわしくない、と考えたと語っているが、果たして現在の状況でこの意見すら自由に言えない、言わせないとする理由はどこにあるのだ。被爆国が原発の技術を輸出するなんておかしいにもほどがある。福島の恐ろしい経過をこの校長はどう考えて、どう捉えているのだろう。これは政治的見解でも何でもない。現実なのだ。ところが、である。よくよく考える。国歌斉唱をしないということが処分対象になると明言した連中が全国の学校に「反原発」思想の輩に物言わせずと考えるのは至って簡単で、それこそ想像の範囲を越えない。さらに、ある若い教師は被爆者の手記を紹介することに抵抗を覚える。「眼球が落ち、口の奥から内臓が飛び出していた」というような凄惨な表現は恐怖が勝ってしまって、原爆の悲惨さを訴えるには現状ではふさわしくない、と。では福島の小学生たちが見た津波の阿鼻叫喚な様、押し流されていく家々を見た瞬間の恐怖とは何だったのか。恐怖についてはせいぜい想像をたくましくするがいい。文字から恐怖を思い起し、その心に刻むがいい。それこそが今、一番欠けている「想像教育」だ。ゲームの世界の想像はつまるところアンリアルな快感。僕には忘れられない一枚の写真がある。警察署のお知らせボードに、交通事故で顔半分がない、眼球が落ちた男性の写真。今だったら総スカン。袋だたきに合うだろう。言い換えれば呑気な時代であり、ヴァーチャルな感覚など小説や映画の世界以外どこにもなかった。このリアルさはそれからずっと僕の印画紙に焼き込まれて、交通事故の悲惨さを痛切に知ることになるきっかけだった。日常的に殺人がどこかで行われている現実はワイドショーでなくても、小学生は知っている。その手口や動機まで。恐怖を語ることを恐れては愚かな人間が学ぶ機会を永遠に失うだろう。さて、今の政治、言うまでもなくアベなにがしの答弁を教材にして小学生から徹底的にディペードすべきだと思う。もちろん教師も含めて。それができないのは言うまでもなくアベなにがしかの圧政である。どどのつまりアベなにがしが言っていることなど、小学生にだって訳することはできるほどだが、筋が全く通らないから、小学生にも論破できる。もはや日本は壊滅への土砂崩れの小石がぱらぱらと落ちていく過程にすでに入った。あとは皆の想像力で突き進むしかない。山ほど居るバカ議員の話などスルーすればいい。奴らを二度と赤絨毯になど歩かせるべきではないという決断と実行力を今こそ持つのだ。マスコミも人心の興味深い所を根掘り葉掘りかきまわしながらも、しがらみまみれでズクズクだ。戦後70年を経て日本人、いや原爆を投下した人間も含めて何を学んだのか。思えばアメリカの正義はあの投下で決定的に定義されたと歴史認識の低い僕は勝手にシッタカぶるのだが。繰り返すが、30万人にも及ぶ人間が殺されて、一切の罪を問えないこと、むしろ逆に断罪されたのは落とされた国であったこと、これが「戦争」なのだ。70年のこのタイミングに次々に明らかになるアベなにがしかの腹のいちもつを総出で粉々に砕くことだ。それには学生も老人も子供も関係ない。関係あるのは託せる未来を作らなければ、今を生きている意味そのものが問われることになる。



58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!