その名はキーフ。儚げダークな美しきこの世界。

Category : アルバムジャケット考
忘れた頃のアルバムジャケット話。
もう去年の暮以来のアップ。
この人を上げねばジャケファンから総スカンを食う。
キーフと言えばブリティッシュ・ロック。

CDの紙ジャケ復活というのは、
いわばミニチュアを手にしているようなもので
あの頃の実感こそ伴わないが、紙であるという触感や上下を押さえて開ける
懐かしい行為そのもの、それと店からいそいそと帰って
一刻も早く針を(その前に心構えが要る)下ろしたい気持ちを抑えた
往事の思いが高揚感と共にささやかによみがえったりする。
そんな機会に恵まれてキーフのジャケットも目にすることができる。

キーフは写真家である。
今まで紹介した写真家の作品と決定的に違うのは
素晴らしいワンショットを狙ってスコーンと完結させたというより、
あの30センチ四方に見事に物語を構築させたその手腕ではなかろうか。
それは確かに湿気や靄(もや)を帯びていて、
そこに登場する人物は謎めいている。
まるで映画のシーンのように背景が生きている。
躍動というのではなくて静謐な中で永遠に消えない種火のような、
見る者の視覚を執拗にトレースさせるような粘っこさや不気味さもある。
見開きデザインも多く、またキーフが手掛けるミュージシャンは皆クセもの揃いだ。
構図の面白さや処理の不思議さは
サクッとデジタル加工されたものとはやはり違う。
画面に味わいが漂う。
ぶらしたり、反転したり、赤外線フィルムを使ったりと
写真家ならではの職人的な小技のキレが生きている。

アルバムジャケット界のカルト的存在のキーフでした。

Affinity.jpg Beggars Opera:Act One

Black Sabbath Colloseum:Valentine Suite

Dando Shaft:Dando Shaft David Bowie:Man Who Sold the World

Fresh Maggots Indian Summer

LED ZEPPELIN:4 Legend:Moonshine

NIRVANA Local Anaesthetic Tonton Macoute

Warhorse.jpg クレシダ:アサイラム

マンフレッド・マン・チャプター3:ヴォリューム2 ロッド/ガソリンアレイ

スポンサーサイト

ネオン・パーク。ほぼリトル・フィート及びまったりと…。

Category : アルバムジャケット考
リトル・フィートは結成はロスアンジェルスのバンドだが
およそステレオタイプなウェストコーストサウンドとは
似ても似つかないグルーヴを持ったバンドだった。
2ndから聴いた僕が彼らの虜になるのにそう時間はかからなかった。
ひとえにライヴバンドとしての演奏のポテンシャルの高さと
ロウエル・ジョージのヴォーカル、スライドギター、
それにR&B、ニューオリンズ、南部テイストのサウンドが
ロス出身とは思えない“タメ”が効いたグルーヴを発散させていたからだ。
段々とジャズやフュージョンの要素が楽曲やアドリブに加わり、
それはそれでスリリングだったのだが
肝心のロウエルが霞んできて、リトル・フィートはねじれてくる。
1979年、ロウエルは自らのソロアルバム発表後に突然の心臓発作で亡くなる。
バンドは現在もライブも精力的に行ってはいるが
YouTubeで見るロウエルの居ないリトル・フィートに
ため息がでるのは僕だけではあるまい。

2003年までの15枚のリトル・フィートのジャケットを手掛けているのが
ネオン・パークことマーティン・ミューラーである。
そもそもリトル・フィートを手掛けるきっかけはフランク・ザッパ。
ロウエルが結成する前に在籍したのがマザーズ・オブ・インベンション。
その「イタチ野郎(Weasels Ripped My Fresh)」の
ジャケットを描いたネオン・パークとロウエルが意気投合。
以後リトル・フィートとネオン・パークは切っても切れない関係になる。
ネオン・パークも1983年に病死している。

ではリトル・フィートでも聴きながら(7回も登場するこの名前!)
ネオンのまったりと奇妙な世界へどうぞ!

1_20101227143047.jpg 2_20101227143113.jpg ←必聴!

3_20101227143210.jpg  4_20101227143228.jpg

5_20101227143330.jpg 6_20101227143358.jpg

7_20101227143419.jpg 9_20101227143445.jpg

10_20101227143521.jpg 11_20101227143543.jpg

12_20101227143606.jpg 13_20101227143625.jpg

14_20101227143655.jpg 15_20101227143712.jpg

16_20101227143732.jpg 17_20101227143755.jpg

18_20101227143833.jpg 19_20101227143852.jpg

20.jpg 21_20101227143949.jpg

22_20101227144023.jpg 23_20101227144039.jpg




↓ポチッとくれたらありがたき幸せ♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ 


ノーマン・シーフ、スマイル、スマイル、スマイル!

Category : アルバムジャケット考
レコードジャケットの写真編となれば筆頭に挙げなければいけないのが
ノーマン・シーフ。
どんだけ仕事したんだい!というほど撮りまくっている。
この人はアートディレクションもデザインもする。
ノーマン・シーフ風に、なんてオーダーされるほどに
彼なりのスタンダードを作り上げた人。
誰が見てもすぐにわかる写真なんてそうそう撮れるものではない。
ここでは、よく知られたリッキー・リー・ジョーンズや
ジョニ・ミッチェルなどのソロのポートレートではなく、
グループに焦点をあてて紹介したい。
これも星の数ほどあると思うが、どうだろう…
ミュージシャンにある独特の“やさぐれた”匂いがしない。
なんとも無邪気で無防備で解放的。
一緒にバーで呑みたい気持ちにさせられる。
みんなご陽気だ。

複数の人間をタイミングよく狙える、この才能もまた超絶である。
どのメンバーの表情やしぐさもかっちり生きているのに
わざとらしさが見えない。

RockよりもむしろR&B系が多いのも特徴で
彼らのファンキーで茶目っ気たっぷりな表情を実に魅力的に映し出している。
カラーよりもモノトーンが売りのシーフだが、
ここではそれにはこだわらずにアップしてみた。
僕が一番好きなのはなんといってもスライ。

1_20101223104200.jpg 2_20101223104234.jpg
3_20101223104300.jpg 4_20101223104316.jpg
5_20101223104338.jpg 6_20101223104357.jpg
7_20101223104423.jpg 8_20101223104453.jpg
9_20101223104515.jpg 10_20101223104533.jpg
11_20101223104559.jpg 12_20101223104703.jpg
13_20101223104742.jpg 14_20101223104807.jpg
15_20101223104845.jpg 16_20101223104905.jpg
17.jpg 18.jpg
19.jpg 22.jpg
21.jpg 23.jpg



↓ポチッとくれたらありがたき幸せ♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ 

横尾 忠則。どこまでもどこまでもYOKOO…

Category : アルバムジャケット考
さて、ここいらでそろそろ日本人が登場してもおかしくないのでは、
ということで横尾画伯が手掛けたアルバムジャケットの紹介。
何回も書いてきたことだが、わがココロのボスである。
この人が居なかったらデザインの道へは進んでいなかった。
美術系の大学もデザインの専門学校でさえ諦めたあの時も
持てるだけのスケッチブックを背負子に括り付けて家から出奔した時も、
河原町通りでイラストを売っていた40年近く前も、
北野天満宮の天神さんで同じようにイラストを売っていた時も
横尾忠則という存在そのものが心の支えになっていたように思う。
デザインというフィールドから画家宣言した現在でも
横尾風味は健在だ。
画家としてからの「Y字路」にはガーンとやられた。
あれは素晴らしいシリーズである。
深いんである。
とは言っても好き嫌いのはっきり分かれる人であるのは確か。
興味のない人も(こんなもん作ってたんだ…)と参考として見ていただいたら
いいと思う。
ただサンタナの「ロータスの伝説」の22面ジャケットには
当時みんな度肝を抜かれた。

0.jpg
 ↑これぞ「ロータスの伝説」の22面の一部。宗教的なテイストは横尾の特徴だった。

その後CDに取って代わり紙ジャケは消滅したが、何年か前に見事に復活。
なにぶん古い年代のものもあり、廃盤もありで
なんとも珍妙なものもある。
YMOの3人のメンバーが決定した後も横尾忠則をメンバーに加えるつもりで
(特に細野さんがご執心だったらしいが)記者会見に呼んだところ、
当日になって「行きたくない」とのことでキャンセルした話は有名である。
アルバムデザインとしてよりも、
横尾ワールドがそのままシフトしたという感じで見てもらえたら…。
今回は多彩な要素が詰まっているので画像はやや大きめで。

1_20101217191941.jpg 3.jpeg

4_20101217192302.jpg 5_20101217192331.jpg

6_20101217192357.jpg 7_20101217192721.jpg

8_20101217193010.jpg 9_20101217193038.jpg

10_20101217193059.jpg 11_20101217193126.jpg

12_20101217193157.jpg 13_20101217193234.jpg

14_20101217193300.jpg 15_20101217193319.jpg

上左から
サンタナ、 マイルス・デイビス
一青窈、 ガスタンク 
山口百恵、サンタナ
雲井時鳥国、 冨田勲
細野晴臣、 アース・ウインド・アンド・ファイアー
山口百恵、 遠藤賢司
尺八による日本侠客伝、 ジョニー大倉



↓ポチッとくれたらありがたき幸せ♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ 

ウォーホール ← デヴィッド・ストーン・マーチン。

Category : アルバムジャケット考
バブルもはじけ、ほどなくデザイン事務所から独立するという話をすると決まって
「なんで今なのか?」と周りの業界人に言われた。
しかし、そんなどん底状態からだったから怖いものも無かった。
さてどんな屋号をつけようかと
さんざん思い悩んだあげくに「 Office Version 」に決めてから早20年。
とにかく音楽用語から付けたいというのがあっていろいろ探した。
お客様に合わせて、それぞれのスタイルを作ります、といった主旨からだった。
その時の候補に「シンコペーション」もあったっけ…。

さてジャズはシンコペーションの芸術だと言う人がいる。
ジャズに限らずこれが無くては音楽そのものが
たちまち無味乾燥になるほどに重要な要素である。
このシンコペーション、あるいはジャズグルーヴを
見事にレコードジャケットに反映したのが
1913年シカゴ生まれのイラストレーターである
デヴィッド・ストーン・マーチンである。

アンディ・ウォーホールがブルーノート・ジャズのレコードジャケットデザインを
していたこと
は以前紹介したが、
そのウォーホールに多大な影響を与えたのが,
その独特な線が「DSMライン」と呼ばれたデヴィッド・ストーン・マーチンだった。
逆にたどると面白いのは
デヴィッド・ストーン・マーチンの師匠がベン・シャーンであること。
ウォーホールのイラストを見た時、真っ先に浮かんだのがベン・シャーンだった。
映画のタイトルバックで有名なあのソール・バスも
おそらくはシャーンの影響を受けているだろう。
日本では和田誠、山藤章二が自ら影響されたと明言している。

さて本題のデヴィッド・ストーン・マーチンのジャケットのオンパレ。
どうです、このノリの良さ、ジャズだけが持ち得るグルーヴ、
旋律が聴こえてきそうな色彩とペンタッチ!
何はともあれ、お楽しみあれ!

1_20101214105359.jpg 2_20101214105426.jpg 3_20101214105452.jpg

4_20101214105515.jpg 5_20101214105549.jpg 6_20101214105608.jpg

7_20101214105634.jpg 8_20101214105703.jpg 9_20101214105743.jpg

10_20101214105809.jpg 11_20101214105836.jpg 12_20101214105859.jpg

13_20101214105945.jpg 14_20101214110112.jpg 15_20101214110133.jpg

16_20101214110157.jpg 17.png 18_20101214110238.jpg

19_20101214110351.jpg 20.jpg 21.jpg

22.jpg 23.jpg 24.jpg


↓ポチッとくれたらありがたき幸せ♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ 

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!