全年代型ダンス公演「DANCE 4 ALL」 本番。

Category : DANCE 4 ALL への道のり
10時に入って、オープニング、フィナーレのリハ。
中でも「おやじタクシー」の練習はもう何回やったことだろう。
内容は勿論、「おやじタクシー」のことも社外秘(?)だったので
ネタバレになるため、ブログには書けなかった。
こども、わかもの、おかんのパフォーマンス会場に
お客様をナビするというもの。
スーツ姿に帽子、胸に号車札、
白手袋に腰には一人につき4人のお客様に握ってもらう赤いロープを巻いて、
各タクシーによって微妙に違うコース設定とタイムスケージュールに従って
2時間15分、しっかりご案内する。
5時スタートのフィナーレまで気が抜けない。
5時前にフィナーレ会場の講堂までご案内の後、いよいよオヤジのダンス。

DANCE 4 ALLの会場は明治2年に京都で誕生した
全国初の番組小学校(学区制)の一つ、明倫小学校。
お客様に語るあるあるネタには事欠かない会場である。
ぞれぞれ15分~20分のパフォーマンスの移動の間にお客様への
サービストークも「おやじタクシー」のドライバーの仕事。
担当するお客様は当日受付で割り振られるので事前にはわからない。
出発、右折、左折、停車、全て大きな声でアナウンスする。
14台(?)のタクシーに乗らないお客様は約200名。
すれ違っても平然と真剣にドライバーになりきる。
だからお知らせして来ていただいた友人たちにはあまりくだけた会話を控えた。
業務に専念ということか。
これ自体が一種のホスピタリティとしてのパフォーマンスになっている。
最後の挨拶も終えた頃は、座ることもできなく、神経も使うために
結構メンタル的にはしんどくなる。
そこから大団円へと導くオヤジダンスが続く。

60人のメンバーが気持ち良く踊れるのもスタッフの尽力あってのこと。
公演終了後、半端でないバラシを出演者全員でやってみて
なるほど踊って終り、ではなく後片付けまでがやるべき仕事なんだと痛感。

例によって打ち上げは校内にあるカフェ。
何といってもこれが楽しい。
若いメンバーと交流や本音トークが飛び交い、
出演者ならではの喜びにこの場は満たされる。
もう酸欠状態になりそうな熱気。
ミュージシャン、役者、ダンサー、オペラ歌手、
なぜか多い美術系の大学生、そしてフツーのおかん、おやじたち…
8ヶ月の赤ちゃんから70代までが組み上げたこのダンス公演は
うまくいけば全国展開への道筋が出来るかも知れない
コミュニティダンスの枠を越えた大きな意味と可能性を秘めている。

我がおやじチームのボス、しげやんこと北村成美さん、
去年お世話になった山田珠実さん、
いつもカッコいい砂連尾理さん、
そして多くのスタッフ、ボランティアのみなさん、
本当にありがとうございました。

※会場の京都芸術センター(元明倫小学校)は
こちらのブログをお借りして紹介させていただきます。
http://misuya.gozaru.jp/kyoto-meirin.htm




↑本番前日の22日お昼前、四条烏丸角RAKUE前でのゲリラパフォーマンスの模様。
 右から2番目が僕です。声はここで待ち合わせをしている女子のものです。


↓ポチッとくれたらありがたき幸せ♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ 

スポンサーサイト

オヤジ、四条烏丸でゲリラ・パフォーマンス敢行。

Category : DANCE 4 ALL への道のり
自分はカッコいいんだ、イケてると思ってやること。
そして、やりきること、なりきること。
総勢60人のメンバーは二度と揃わないし、
揃ったとしてもこのダンスは一度きり。

先日は地元テレビ局の取材。
稽古から変えるとちょうどオンエア。
顔になごやかさが足りないなぁ。
本番では人一倍にこやかにしよう。
やっぱり自分の顔はあまり見たくない。
写真嫌いなのもそのせいか…。

この日は朝からリハ。
ちょっと早めに行くと、なぜか6人のオヤジメンバーが
しっかりダンスコスチュームで相談。
「ちょうどよかった。今から行くで」
「……?」

そう、昨日オヤジの一人の発案で
ゲリラパフォーマンスをしようという話があったのだ。
最初は行くつもりでいたのだが
よく考えてみると早めに行って段取りもあるし、
その分は仕事に時間を当てようと考えていたので断った。
オヤジグループに所属の女子2名が
それぞれカメラと音声担当。
ダンサーはオヤジ5人。
どうやら一人欠員が出たらしい。

本番の振りにその場で新しい振りを加えて
わずか1分ほどのパフォーマンス。
とっさのことで良く飲み込めない振り。
やっぱり海馬がヘタってきてるな。
バタバタと着替えて、芸術センターを出る。
この時から自分はカッコいいと自己暗示。

午前11時30分頃。
芸術センターからほど近い四条烏丸に出来たばかりの
ファッションビルRAKUE前の植え込み。
御丁寧に歩道にバミってくれている。

なにげなく待ち合わせのような雰囲気で各人バラバラに立つ。
ラジカセからBGMが鳴る。
結構な大きさなので道ゆく人もいぶかしる。
振りの始まる部分に近づくにつれてジャケットを脱ぎ、
植え込みに置く。

振りが始まるとおそらく待ち合わせしていたであろう女子が
「今、どこ? 見える? なんか目の前でダンスが始まってるんよ!」

不思議と緊張はなく、周囲の目も気にならなかった。
振りもなんとかついていけた。
あっと言う間の出来事。
何もなかったように無言で各人が四方に去っていく。

やっぱりダンスはやったもん勝ち。
この気持ち良さはしばらく忘れられないかも知れないな。

近々YouTubeにアップ予定。
お楽しみあれ。


↓ポチッとくれたらありがたき幸せ♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ 


宵ゑびす、そして、DANCE 4 ALL 6回目練習。

Category : DANCE 4 ALL への道のり
CIMG4535.jpg ←こんな手前から参拝者の行列…

CIMG4536.jpg ←やっと見えてきた…

CIMG4537.jpg ←ふぅ…

天気もまずまずの宵ゑびす。
行ってみて驚きの人出…。
もう15、6年になるがこれほどの人出は見た事が無い。
不景気の折り、神にもすがる思いが如実に表れている。
八代言代主大神 大国主大神
少彦名神(やえのことしろぬしのかみ おおくにぬしのおおかみ すくなひこなのかみ)が御祭神のこの神社、
もとより小さい神社だから本殿前はごったがえすが
宵ゑびすでは参道から屋台溢れる大和大路通まで人人人…

CIMG4540.jpg ←福笹も一夜明けるとくしゃくしゃとしおれる

古い笹を納め、参拝。
巫女さんが舞いながら奉納した新しい福笹にさまざまな「縁起ものオプション」をつける。
今年は「宝船」「福熊手」「福鯛」「千両箱」「福鈴」「福俵」「福箕」に加えて
「吉兆」をつけてもらった。
「吉兆」は銭袋、扇子、あわびのし、小判、大福帳、打ち出の小槌、米俵、鯛、お札が
ワンセットになったもので更に華やかになる。
福鈴を鳴らしながら、笹を高々と挙げて(そうしないと人にぶつかる)
久しぶりに一銭洋食でも買って帰る。
今夜はこれで一杯…。

CIMG4538.jpg ←休みなく溶く、焼く、返す…



そうこうしているうちにダンスの練習時間が迫ってくる。
あわてて自転車コギコギ芸術センターへ。

舞台もできあがり、振付がいつできるのかと
思うまもなく、練習時間も残りわずかで
あっと言う間に後半部分の振付が完成。
驚いた…
コリオグラファーという肩書きが俄然光り輝く。
やはりプロである。

すでにアタマの中でできていたものか、
この場でひらめいたものかの違いなどわかるわけもないほどに
どんどん指示がとぶ。
しげやんの音楽センス、というのか
その使い方も絶妙に“変”で実は巧妙だったりする。
それは当日会場に来られる方も実感されるに違いない。

「これは遊びと違うでぇ!」

昨日の練習で練習以来、初めて放たれた一言。
もちろんわかってはいるけれど、
どこかで“楽しい”と“ゆるみ”と“面白い”と“真剣”が
ないまぜになっていた自分を自覚した。反省。
11人のメンバーも一瞬緊張。

一回練習を休むとその間に完成させた振付のおさらいで
全く呆然状態になってしまい、メンバーの中で浮いてしまう。
2回連続で休んでいる人を却って気遣うほど。
これは休んでいられないな…。

去年の1回目よりもはるかに多くの振りが要求される今回。
“仕事”も断然多い。
踊ったもん勝ち、では済まないな…

見に来ていただいたお客様に満足して帰ってもらえるもの。
この“暗黙の契約”をしっかり成立させなければいけない。

ところでギャラリー射手座でのダンスパフォーマンスが
時間の都合で見られなかったこと、まことに残念…。


↓ポチッとくれたらありがたき幸せ♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ 

DANCE 4 ALL 4回目練習。舞台ができる。

Category : DANCE 4 ALL への道のり
今年最初のおやじチームの練習。
見れば講堂に足場が組まれている。
ギャラリーの席もしっかりできている。
そう言えばモノクロームサーカスのWSを終えた時、
女性たちが足場のパーツをせっせと運んでいた。
結構な重労働だったと思う。お疲れさま。

さて例の「骨骨壁擦り付けパフォーマンス」の練習。
正月明けですっかりなまったカラダにはキツい。
みなさん相当に体重がアップされたようで
こころなしか息が上がっている。
今日はアップ、というよりWSのようなメニューが
2時間近くあった。
みんなの本心は「一体どんな振り付けになるのか…」という
一抹の不安だと思う。

帰り道、これは自分のカラダが実際どういう構造で出来ているのかと
どう動くのかという一つのレクチャーなんだと考えた。

ダンスをするということ一体何か…
楽しい面白いハジケるダンスは
それはそれでとても意味のある表現手段なのだが、
そのことをライフワークにしているしげやんのような人は
“知恵”があって“認識”があって“実際”があって
“関係性”が成立する、ということを、
ダンスをする“つもり”なら
もっとしっかり学びなさい、と言っているような気がする。
しかしカラダはそう簡単に動いてはくれない。
しげやんのメニューは
他者と自分、あるいは床や壁と自分、
もっと言えば気配と自分との「接点」に集中するというものだと感じる。

ダンスのWSや、こうして実際に公演というカタチで参加していくうちに
かつて抱いていたダンスのイメージが随分と変化してきたように思う。
パフォーマンスとして捉えていた今までの概念の変化というか…。
“身ひとつで”という言い方がふさわしい、
表現方法としては最もシンプルでありながら
これほど強烈に語りかけるものもないのではないか、と思うようになった。
言葉や楽器、映像の持つ“威力”は見事にスルーされ、
“純化する肉体”だけがそこにある。
つまり肉眼的には「媒介しない」ということ。
もし媒介というのならそれは「精神」を
「肉(ソフト・マシーン)」が取り持って
「可視化」に導いているということではないか、と。

モノクロームサーカスのWSではないが
肉体は絵筆のようなもので
その軌跡こそがダンスなのではないか。
(と、エラそーに言ってみるのだ)


↓ポチッとくれたらありがたき幸せ♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ 


DANCE 4 ALL 3回目練習。一同に会する。

Category : DANCE 4 ALL への道のり
初の合同練習。
老若男女総勢53名がダンスだけのためにここに居る。
しげやんが皆の“肝に命じてほしいこと”とは
理解しようとするよりも、そう“願い、そう実行する”ことを
自分の内部で鍛錬させていって初めてわかる。
テクニカルなことなど一切口にしない。
ただ自分のカラダ、相手との関係をしっかり意識することで
しげやんの言う「カッコいいカラダ」になれると言う。
今日はオープニングとフィナーレの大まかな流れを把握。
観客に向かって思いっきり自己をアピールできるのがオープニング。
たったの5分でそれぞれのチームの出方をカタチにするのは容易ではないが
なんとかこんな線で行こうというカタチにはなった。
あとは息の合わせ方。
「おやじチーム」は、よくある「考えているうちはイケてるのに
やってみたらバラバラだった」というあれ。
この辺をもっとしっかり詰めないと…。
さずがに「わかものチーム」は、はちきれてる。
あれだよな、あれ。
でもおやじチームは「もののあはれ」をよく知っている
味わいのある連中揃いだ。
どうやって“ウケようか”考えるのはいつも楽しい。
バカバカしいことはやったもん勝ちであるのは世の常。
そのかわり目一杯やる。

CIMG4482.jpg CIMG4484.jpg

練習後は去年にはなかった納会。
アルコール抜き(原則的に校内での飲酒は禁止)なのが残念!
おやじたちも小さく文句を言いつつ…。
持ち寄りなんだから、と高をくくっていたら
とんでもない料理が次々とテーブルに。
やはり女性が圧倒的に多いと持ち寄りは華やぐ。
わかものチームに居る京都造形芸大の舞台芸術学科の学生は
学校の大階段で「おはよー!京都」と銘打ったパフォーマンスをされていた
“あの”有名人だったことで話は盛り上がった。
(本人は逆に何でワタシを知っているのか、と驚いておられた)
現在は毎週水・木・金の朝8時30分から9時過ぎまで
三条京阪の土下座地蔵(こう言われてるのか)前で
“なりきり”パフォーマンスをされていると言う。
彼女には改めて取材(?)を申込み、ブログで紹介したいと思う。

ところで僕にとっては、もう練習日は8日、のべ25、6時間。
一挙に公演モードになる新年からの練習に向けて
夏から3キロ増えた体重を元に戻す(のは並大抵ではないが…)
ささやかな決心をしている。

↓この方がかの有名なミネマルヒゲさん。参考までにアップ。


ミネマルヒゲのサイトはこちらです↓
http://minemaruhige.sblo.jp/


↓ポチッとくれたらありがたき幸せ♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ 

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!