FC2ブログ

ファンキーな陶植物たち…「ストレンジ プランツ 高澤 ナホ 展」

Category : 現代美術シッタカぶり
Image079.jpg

Image080.jpg

Image081.jpg

Image082.jpg

11月24日→11月29日【GALLRY はねうさぎ room2】

神戸芸術工科大学 造形表現学科 現代クラフト専攻在籍。
若さ溢れる、などという陳腐な言い回しで恐縮するが
“好きな形、心地よい形を楽しんで焼きました”という
率直なベクトルがそのまま作品に素直に反映されている。
ある“こなれた”感じが一種の落ち着きを与えるし、
決して奇抜さを売り物にしていない安心感がある。

タイトルが示す「奇妙な植物(草木)」のまま、
ファニーフェイスな作品が並ぶ。
だがよく見ると、トゲがある。
種子の様な頭部に牙のようなするどい犬歯を持ったものもある。
カワイイと近づいたら手を噛まれそうな植物たちである。
子宮をイメージした、食虫植物のような“捕虫袋”を持った作品は
その丸みや色合い(銅粉を釉薬に混ぜて)に生々しい質感を求めた。
シミやソバカスを連想させる表情が面白い。
ノーマルな丹波立杭焼の2点がかえって異色に見えるほどである。

床に直置きされたサツマイモの形から型をとったオブジェも
巨大なナメクジや臓物の艶かしさを感じさせて、
とても“チャーミング”だ。

陶芸に携わる人が一様に言う、
土との関わりの過程で得る一体感を
心から楽しんでいる様子は清々しい。
どんどん進化し、洗練されていくであろう
これからの動向もとても楽しみだ。

ちょっぴり若さを羨んだ(?)日…か。

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

ナミキ・キヨタカ

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
ゆらゆらと過ごしております。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
facebookもよろしくです。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!