「 春 霖 〜 三橋 遵 」

Category : 現代美術シッタカぶり
2015.04.25~05.10【 GALLERYGALLERY + EX 】


これは失念、でした。
三橋さんとは3年前の小西さんの個展でご挨拶させていただいき、
続いて恵風さんでも拝見した作家さんでした。
特に小西さんの個展では動画撮影も許可していただき
ありがとうございました。
反省しきり…如実な加齢現象です、これは(汗)

どちらの個展も素晴らしく、
染色作家という出自を軽々と飛び越えて、
かつ詩的で情緒性の高い作品では終らない
ひときわ洒落っ気のある作風が魅力的な作家さんです。
今回と同じギャラリーで開催された
先の「MINIATURE WORKS THE KYOTO」での三橋さんの作品も
ひと味、というか軽妙な作風でひと際異彩を放っていました。
なんというか、飄々と、そして手の込んだ出来映えです。

さてこの春…春は果たしてあったのだろうか、と
いぶかしく思えるほどに
なんとなく夏にスキップしてしまいそうな陽気のこの頃、
そして春の長雨。
よくいう「なたね梅雨」というやつです。
秋雨とは違って、緑が色濃くなってツヤツヤしてくる、
夏へ向けての充電、前兆のようなもの、ですか、
春めく雨=春霖というわけです。

P5010080.jpg

P5010083.jpg

P5010085.jpg

P5010087.jpg

P5010089.jpg

会場はトレーシングペーパーの林に
雨粒の波紋が宙に浮いています。
よくデザインされた空間で
先に言った情緒性に加えて三橋さんのセンスが
伺える、インスタレーションです。
この空間に居ると
忘れますね、確かに日常の鬱屈やストレスから
逸脱して、アタマの中が、とてもいい意味で
ボーッとなります。
この感じはなんだろうか、とよく考えてみると
広重の雨、かなぁなどと…。
洗練されたかつてのジャポニズムの一端を
こういう環境で感じ取れるのも中々オツであります。

P5010091.jpg

P5010092.jpg

P5010093.jpg

P5010094.jpg


三橋さんを紹介したサイトを見るとよくわかるのは
繊細さや優美さといった生来の持ち味である染色作家から
いわば「造形作家」にしか思えない三橋さんの作品を通じて言えるのは
ファイバーアートといわれるものが
染織を出自とする作家に多いなかで
染色作家である三橋さんがインスタレーションとしての
表現を展開し、作品に反映させてきたということが
あげられます。
染色というカテゴリに縛られることなく
創意を形にするための素材を自由に使いこなす三橋さん。
いつも作品を見て思うのは
そこに「言葉」が生まれてくることです。
俳句に於ける日本語の響きに呼応するかのように
作品ひとつ一つに物語性が与えられ、
事象に細かく向き合い、磨き上げられた精神文化を
とても繊細な形に表します。

お隣の部屋では今日も茶人が雨の中を見事に
優雅に遊泳しております。

P5010090.jpg



スポンサーサイト
58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!