「 MATSUNE Michikazu curation 〜 Face Forward 」 Jakob Lena KNEBL/松根 充和

Category : 現代美術シッタカぶり
2015.08.22〜08.30【 KUNST ARZT 】

ヤコブ

このふくよかな女性こそ作家である
ヤコブ・レーナ・クネーべルさん、ご本人です。
ピカソが描く女性像。
果たして女性から見てどういう評価が下されるかはわからないし、
何よりピカソはそれを求めていないかも知れません。
あくまで「ピカソの女性」ですから。
この方はそんなピカソの女性のシルエットとは
似ても似つかないご自身をキャンバスに見立てて、
そこに描き入れることによるミスマッチングを
作品として率直に反映させています。
これを見て笑う人は果たしているでしょうか。
僕などは美しいなぁとさえ、思えます。
彼女が女性の「性」としての部分を
あえて意識させないためにボディ・ペインティングを施して、
色彩によって覆い隠されてしまう効果、
つまり相殺を考えているのなら、僕の見立てと合うのですが……
この展覧会のDMを飾る作品だけあって、
そのまま自身の存在感を醸し出しています。




P8220033.jpg

P8220034.jpg

今回の展覧会のキュレーターを務められた松根 充和さんは
ウィーン在住のアーティストですが
コンテンポラリー・ダンサーとしても活動していたという、
ヨーロッパでの芸術活動が主な、
かなりな、お人です。
プロフィールを拝見すると
興味深い制作を次々となさっていて、
全方位的な触覚と発想の持ち主のようです。
覆面マスクで店に入って普通に買うという成果の展示、
手話の舞台作品、
馬についての歌100曲以上を編集、
二頭の馬に聴かせるインスタレーション「私は馬です」や
世界二十以上の都市で、
客がリストから選んだパフォーマンス小品(商品)を即売する
お店プロジェクト「ストア」などなど…。
今回の作品はご自分の眉毛を剃って、
髭に見立て、そのままパスポート写真としたものです。
もちろん渡航に際してはすでに髭は無く、
眉毛が生えているという松根さんが居ます。
パフォーマンスを含めた作品を
そのまま証明写真として残してしまうところなど(しかも期限付きです)
この方の作風には「したたかさ」で
社会のクレパスに果敢に切り込んでいくような痛快感と、
くすぐったい感じが伴います。天晴!






スポンサーサイト
58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!