「 光のない。~ 柳瀬 安里 個展 」

Category : 現代美術シッタカぶり
Y2_201703221139477c8.jpg

2017.03.07~03.12【 KUNST ARZT 】

昨年の京都造形芸術大学の卒業制作で強烈に印象に残った作品が、
柳瀬さんの映像作品「線を引く(複雑かつ曖昧な世界と出会うための実践)」でした。
国会前の安保法制反対のデモ(集会)の中で、
多くの人々の中を縫うように腰をかがめてひたすらチョークで線を描き続けるというもの。

今回はオーストリアの作家、エルフリーデ・イェリネクによる戯曲「光のない。」を
沖縄県高江のヘリパッド建設工事ゲート前を暗唱しながら歩くというドキュメントです。
卒制もこの初個展での作品も体制へのアンチテーゼ“のように見える”行為を通じて、
ある種の“無言のシュプレヒコール”を訴求しているかのように見え、
また理解しようと鑑賞されますが、
これは柳瀬さん自身を「国家」と「人民」との間、
つまりAという大き過ぎて見えにくい抽象的な力=無定形と
それを阻止しようとするBという具体的な人間=定形との摩擦熱の中に置いて、
柳瀬さんがこの長編テキストに見いだした
「対話として成立しない会話」というニュアンスを
劇的に再現しているのではないか、ということ(あくまで僕の主観です)です。
それこそが国家と主権在民との乖離を表しているのではないか、と。
個展でもいろいろとお話ししましたが、
当の柳瀬さん自身の「やってみなければわからなかったこと」が
様々な多角的側面をもってフィードバックされた様子で、
そこには作家としての表現行為に常につきまとう戸惑いや非力さ、
何が現実で、何が伝わっているのか、
主体としての作家と作品化した瞬間の客観との揺れ、
危うさを確かめているような、そんな感じでした。

Y1_201703221139481a4.jpg

Y3_2017032211394761e.jpg

Y4_201703221139467e4.jpg

Y5_2017032211394586b.jpg

Y6_20170322114017a36.jpg

Y7_20170322114016aac.jpg































スポンサーサイト
58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!