浮遊する肉体の残滓…「BAE JUNG SOON PAPER WORKS '09」

Category : 現代美術シッタカぶり
紙1

紙2

4月28日→ 5月10日【ギャラリーマロニエ4】

韓国と日本の往復で、どちらに住んでいるのか、わからない…
本人も肩をすくめて笑う。
韓国では、鉛筆で緻密に描かれた画集が刊行されている。
人体の動き、構造を緻密に描写、デフォルメしたそれらは、とても魅力的だ。
ギーガーは好き?
質問してみると、興味はあったが根本的には違うと言われた。
私は元から「恐怖」を表現したかったわけではない。
ボディの持つしなやかさをファッションイラストレーションとして表現、
生徒たちにレクチャーしてきた、と。
しかし年齢を重ねるに従って弱くなってきたと語った。
それは「しがらみからの守り」や「外敵に対しての防御本能」なのかも知れない。
かつての下着やコルセットのようなシルエットは どれも、
つんとこちらを挑発するような乳房を包み込む二つの
強調された立体が特徴。
しかし、勘違いしてはいけない。
その形は疑似餌のように囁く… 暗い会場に浮くそれらは
深海を漂うクラゲぼ一種のような、
頼りなげな“アブナさ”と
寄らば斬るぞ、と触手で探りながら、
餌食となる獲物を漁るエイリアンのようにも見える。
作品について共通して感じられた印象は
徹底した“女性的フォルムの讃歌”と“その虚脱感”。
が、ファースト・インプレッションはまさしくプラスティネーションであった。
人体の水分を全て抜いた状態でほぼ完全な形で
人体構造を維持することに成功した画期的な「人体解剖標本」である。
彼女にその印象を伝えるととても喜んでいた。
最初はその創作イメージがあったらしい。

作品は、勝手に自分歩きする方が面白いに決まっている。
宇宙人に見えようが、下着に見えようが、抜け殻に見えようが勝手である。
毛細血管のような白い“紙縒(こよ)れた”葉脈は決して見るものに媚びることはない。
突き放すような冷たさを秘めた“クール”でコワい
女性の本性に睨まれているような気になってきた。

このような作品は近くに寄って、その作業の細かさやテクニカルなものにばかりに
目が向くと、すでに意味を成さなくなる。
その向こうにあるものを見なければならない。
だからペーパーワークは「紙工芸」で着地してしまっているものが多いような気がする。

このシリーズは、たぶん彼女の中では完結しているのではないだろうか。
次なる素材とテーマに充分に期待できる作家である。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!