「 tracing 1970s 〜 植松 奎二 展 〜見えない力〜 INVISIBLE FORCE 」

Category : 現代美術シッタカぶり
2014.04.14〜04.25【 galerie 16 】

それにしても植松さんは若々しいです。
1988年にはベニスビエンナーレ日本代表に選出され、
数多くのパブリックコレクションがあり、
世界的に活躍される、コンテポラリーアートの重鎮でありながら、
ちっとも奢らないフランクな人柄と
話しっぷりはとても魅力的な紳士像をうかがわせます。
2013年には彫刻作品を対象とする
国内で最も権威のある賞「中原悌二郎賞」を受賞され、
現在は大阪とパリ、デュッセルドルフに拠点をかまえ
増々精力的な植松さん。

会場には、或る見えない力=磁場が壁際に潜んでいました。
そのわずかな長方形の面積に
ここの重力がピンポイントで凝縮されているようで、
会場を快い緊張とも言える空気で満たしていました。
石とロープと板。
三つの素材が植松さんの手にかかると
まるで魔法にかかったかのように観客の視覚をリテイクさせます。
最初にギャラリー16で発表されてから40余年が経過していても
なぜにこれほどに新鮮なのか。
ここに植松さんの着想と興味の全てがあるような気がします。
さらにオリジナルプリントによる「見えない力」の展示は
当時モーター仕掛けの連写機能などなかった時代に
カメラマンに「石を付けた紐がこういう風になるように撮って欲しい」という
無謀なリクエストを告げて、ひたすらにぶんぶん回し、
カメラマンはひたすらにシャッターを切る、といった
互いの「行為」そのものに今には考えられない強固な意志の
フィードバック=共同作業を見る思いで隔世の感はありますが、
そのスリリングな創作の成り立ちに唸る思いです。
植松さんが開け放ったドアに手足を突っ張っている作品は
何度も見たことがあったので、
公園での植木にロープを括り付けて、
自らを人間という重力に例えながら、そして地球の引力に耐えながらの作品も
果たしてこれは若さゆえの所産かと、
いやいや、今でもインナーマッスルは鍛えられているだろうとふと、
御歳68の、植松さんのお腹を眺めてしまいました。

u1.jpg

u2.jpg

u3.jpg

u4.jpg

u5-2.jpg
u6.jpg

u5.jpg

u7.jpg

u8.jpg

u9.jpg





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!