「 矢野 洋輔 個展 〜落ちている宝石 」

Category : 現代美術シッタカぶり
2015.09.29〜10.11【 gallery morning 】

P9290053.jpg

前回の初個展で例の(って何のことかわからんよね)
「出会い頭現象」が起きまして、
矢野さんという方の造形への希求というか、
そもそもの主旨というものの予想を
見事にぶっこわしてくれる希有な作家さん、と
僕などは認識しています。
そして、この認識に間違いがあるか、
否かというのはたいした問題ではないと考えます。
あくまでも矢野さんの責任ですから(笑)
要は「突き詰め方及び方法論」としての
一種の「矢野派」的なものが
作品から汲み取られていけばいいかな、などと思います。
木彫の流派の一つと無理矢理こじつけても
矢野さんが迷惑がるだけですから、
この辺にしときましょう。
とにかく、この奇妙さを楽しめるということは、
決して大げさでなく「思惟の池」を覗くように
実は深くて、そしてめっぽう愉しいのです。
僕たちはカタチとして視認・可視化できる、
この「軟体派」とも呼べる(ことに鳥作品に於いて)作品の向こう側に潜む
作家の意図を読もうと頑張るわけですが、
そんな労力はムダです。
素直にこの(例えば)鳥たちの
半ば自らのアイデンティティをやんわりと拒否するような
そのマチエールを観客は「なんで?」と問いながら楽しむのです。
「まるで粘土みたい」と、もし思ったならあなたは、
矢野遊園地のチケットを手に入れたわけです。
鳥たちのお出迎えに沿って見て行くと、
作家が「絵画的に作って、見る」という
趣意のもとに制作した彫刻に出会います。
時にキリコのような、
そうキュビズムのの匂いもするとてもコンパクトな木彫ですが、
なんで絵画的かというと、フレームがあるからですね、
とは僕が勝手に気がついたと思い込んでる節もあるかも知れませんが、
台座的なものの上に展開する彫刻は
すでに全方位的に見られることを拒否する
「限定感」を示しています。
見て欲しい角度なり方向がるという彫刻があっても
少しもおかしくはありません。
むしろおかしかったことに気付かせてくれる
矢野さん、なんですから。
とは言っても実に不思議な木彫です。
ご本人は飄々としたお人柄で、
すでに色んなことを言われることには慣れていると思います。
むしろそのことで矢野彫刻の、
たらしめんところが証明されるわけです。

P9290047.jpg

P9290050.jpg

P9290052.jpg

P9290054.jpg

P9290055.jpg

P9290058.jpg

P9290057.jpg







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!