「 藤谷 進 展 」

Category : 現代美術シッタカぶり
2015.10.13〜10.18【 ギャラリー a 】

ふ1

手慣れている、こなれている、という感じは
確かにしますが、
モチーフの配置にとても細やかなセンスを感じる作品です。
やはり熟達した安定感が
会場のどの作品にも漂っていて、
若い作家には無理だろうなぁと思わせるものがあります。
「こう描いてみました、このセンスいいでしょ」といった
ゴリゴリとした感じや
いわゆる “ツボ” を得た確信犯的な匂いのしない作風は
とても好感が持てました。
女性の顔、花、黒い塗り、
ポイント使いのヴィヴィッドな色彩…
こういった幾つかのパーツによって構成された作品は
一枚の絵としての一体感が、
どこかで崩れると一気にテンションの緩いものになってしまうのですが、
藤谷さんの作品は何度も言うように
モチーフ同士の相性やバランスが絶妙です。
リビングに一枚、といった感じで売れる絵だと思います。
インテリアになる絵、ですか。
ふさわしい言い方ではないかもしれませんがある意味
「実用的な絵画」だと思います。
お話しをうかがっても、それだけ試行錯誤されたようで、
そういった意味でも丁寧な出来映えと
洒脱な表現には素晴らしいものがあります。

ふ2

ふ3

ふ4

ふ5

ふ6



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!