「 THE JAPANESE TATTOO PAINTING 3 〜 高村 総二郎 展 〜 」

Category : 現代美術シッタカぶり
2015.10.27〜11.08【 Gallery MARONIE gallery 4 】

PA300155.jpg

東京の下町、向島の花柳界に生家があったもので
僕自身は幼少の頃から「くりからもんもん」は見慣れています。
くりからもんもん、とは不動明王の変化身である
「倶利迦羅竜王」の入れ墨のことですが、
そこから転じて、この奇妙な呼び名になったといわれています。
銭湯で良く近所のおっちゃんと
当たり前のように遭遇していました。
時代がまったりとしていて
規制も規範も緩やかだったせいかも知れません。
このモチーフを描き続けている
(もちろんこれだけを描いているわけはないマエストロ高村です)
理由というものも訊くだけヤボな気もしますし、
何よりもこの素材を描くにあたっては
容易に想像できる相当な苦心・苦慮がありますから
(何せ、カタギがその筋の方のものを描こうってくらいですから)
そこは絵を見る上で余計なエピソードでもあり、
社外秘でもあり、ミステリアスなところでもあるわけです。
僕たちは純粋に絵を鑑賞するのです、
とエラそーにシッタカぶります。
これを細密画などとくくるつもりは毛頭ありませんが、
人肌に彫った図柄をさらに模写するという二重行為に見られる
(マエストロから聞いたわけではありませんが)
「入れ墨の芸術性」を語るよりも
単純に「美しい」と思わせる力が、
これらの作品に漂っているということが重要です。
しかしまた、矛盾を承知で言わせてもらえば、
これはまぎれもなくオマージュ&リスペクトな
表現の一貫でもあると、
僕などは勝手に推測します。
いや、むしろ憧憬と呼んでさしつかえないでしょう。
これほどの「覚悟」をもってして、
しかも経年劣化という避けられないリスク、
そればかりか身体的にかなりのリスクを文字通り“背負って”まで
彼らが自身の然るべき存在表明として
入れ墨を彫ることに僕などは意義などございません。
その世界にはその世界の掟というものが厳然とあって、
少なからず世の中はそうやって回っているわけですから。
要らぬ肯定はしませんが、
この筆さばきはもはやマエストロにしか成し得ない、
素晴らしい仕事だと思います。
これは文化的に見ても写実を越えた希有な記録芸術
(もっともマエストロにその意志があるか否かは別としてですが)
と呼んでさしつかえないと思います。
社会的に考察するといった安易な接し方、
対し方を軽々と凌駕する高村画伯の偉業に
大きな拍手をおくりたいと(効果音)思います。
ブラボー!マエストロ!

PA300157.jpg

PA300158.jpg

PA300159.jpg

PA300147.jpg

PA300148.jpg

T1-2.jpg

T1_201511132113040ed.jpg

T2_20151113211305835.jpg

T3_201511132113071a7.jpg

T4_2015111321130846d.jpg




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!