「 国谷 隆志 個展 ~ Re- 」

Category : 現代美術シッタカぶり
K1_20160124191014ca0.jpg

2015.11.14~12.19【 OZASAHAYASHI KYOTO 】

初めて訪れるギャラリーはやはり心がウキウキします。ここでは国谷さんと横溝美由紀さんの二つの個展が開催されていました。まずは国谷さんからです。国谷さんと言えば「ネオン管」ですが、以前にPARCで拝見した鏡面グリッドの作品が印象に強く残っていました。国谷さんに限らず、まずは専門的な工程を経ることが制作の大前提になる作品というのは、イマジネーションだけに着想の引力を委ねるという種類のものとはやや異なり、こちら(鑑賞者)の視点の物差しの目盛りを細かく設定する必要があります。つまり作品の完成度にかける強い意志なり、テクニカルな達成度なり、仕上がりの精度なりがあって初めて成立するものだからです。そこには至って「工業的な評価=精度に比例した機能性」というものが重要視されます。このグリッドの作品の対面にあるもの、それが大きなテーブルに置かれたレゴブロックであるということに、少なからず心がざわめいた方も多いと思います。以前、或るワークショップで「理想の教室」づくりに、このレゴがツールとして提供され、レゴに秘められた思いもしなかった可能性に驚いたことがあります。鑑賞者は自由にレゴをいじり、組み立て、日々その様相は変化します。当然、年齢や性差や興味の深度によって様々に構築されていくブロックはそのまま反対側の鏡面グリッドに映り「作品」と「行為の結果」がインタラクティブ(双方向・相乗効果)な関係性を作り上げ、鑑賞者の参加によって、全く別な「装置 ≒ インスタレーション」となって、単に「そこに映る光景」としてではない、流動性のある、もっと言えば時間軸を意識されるものとして作用します。これが新作「 Mirror Site - LEGO 」です。まさに 国谷さんの言う「人間と空間の関わりがもたらす意識世界の変容」ですね。帰りがけにギャラリストから「もう一つあります」と案内されたガレージの奥。スイッチが入ると、そこにはやっぱりネオン管がありました。

K2_20160124191016a6a.jpg

K3_201601241910179f2.jpg

K4_20160124191018705.jpg

K5_20160124191020b1e.jpg

K6_20160124191113a6b.jpg

K7_20160124191115587.jpg

K8_2016012419111679c.jpg






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!