「 湖派 ~ Lake current 」

Category : 現代美術シッタカぶり

2016.01.20~01.30【 堀川御池ギャラリー 】

参加作家:宇都大志/清水薫/高田学/寺脇さやか
ベリーマキコ/古谷優加子/丸岡未来/山本雄教

成安造形大学日本画専攻の卒業生たちのグループ展です。いずれも大きな作品ばかりで中々に迫力と見応えがあります。山本さんが受付をされていて撮影OKだったのでアップは山本雄教さんの作品のみとさせていただきます。(前にも書いたけどこういうの難しいんだなぁ…このへんって予め作家さんの撮影についての要望を訊いて欲しい!)さて、山本さん、展示が目白押しで、よく制作できるなぁという位にお忙しそうです。今回は人民元ときました。他の作家さんにもあてはまるけれど、やはり山本さんは壮大な(制作はとても細かな作業になりますが)テーマというか素材を見つけてしまったようで、シンガポールでの展示もご本人は行ってはいませんが中々に好評だったようです。お札、コイン(あくまでコインという共通性に於いて、です)というモチーフと素材は間違いなくインターナショナルですから、直感的に理解してもらえると思います。一円玉をフロッタージュするという誠に地道な作業の果てに毛沢東が見えます。つまり山本さんの作品は、どこまでで認知できるかという「アタック25」的な仕掛けが施されているのではないか、などと穿ってみます。もっと言えば逆説的になりますが、いかに少ない要素で顔認識をさせるかという難しさも内包しています。というのもカメラを向けると途端に枠がフレームに表れて顔認識してしまうんですね。願わくば、これがどんどん純化されて、数がどんどん減って、誰だか、何だか、わからない作品になっていくという、ミニマリズムに向かっていくという「手」もあります。勝手ながら(笑…そんなことはありません、きっと…)他の7人の作風とは明らかに異なりますが、現役大学生から卒業して、学校離れして、自分の作品について責任を持たざる得ないときには、例えば山本さんの場合、機会は日本画であっても伝えるための言語はちょっと違うよ、といった感じで、なんだか、それがいいんですね。

y1_201602080946050ab.jpg

y2_20160208094606b82.jpg

y3_20160208094607d11.jpg





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!