「 未来の途中のリズム ~ 美術・工芸・デザインの新鋭10人展 」その2

Category : 現代美術シッタカぶり
P2160010.jpg

P2160006.jpg

出展作家|小笠原周/勢野五月葉
2016.01.12~02.27【 京都工芸繊維大学 美術工芸資料館 】

毎年楽しみにしている展覧会、というか発表会という感じですか、この機会はとてもウキウキとするんですね。20代から30代の公募と推薦で選ばれた若き気鋭の作家さんたち10名が集いますが、会場の設えというか、空気感が好きです。アカデミックな匂いは確かにぷんぷんしますが、それも含めて、ですね。例によってかいつまんで、になりますが。まず京都造形芸術大学 彫刻コース出身の小笠原周さん。持ち味は漫画の戦闘シーンという記述が或るサイトにありました。ムキムキの大理石マッチョがこれ見よがしにポージングするそのバックは土壁です。この荒々しさと作品展示の構成に見事なまでの作家の嗜好が反映されていると同時に肉体の持つ生々しさを別な視点から表現しているようです。自分の作品の「見られ方」を考えた展示です。次は京都市立芸術大学院 日本画出身の勢野五月葉さん。制作の始まりはいつも写生、との記述に作品を見てなるほどと思わせる説得力。誠実に見たものを、手を通じ筆をつたいながら画面に置いていく感じ、とでも言うのか「その繰り返し」と言う淡々としたスタンスはやがて作者の身体に染み込んだむせるような植物の息づかい、その日の温度、その間に、その場所に訪れてくる光をこの上なく素直なまでに描き表しているような気にさせてくれます。

P2160011.jpg

P2160012.jpg

P2160029.jpg

P2160007.jpg

P2160009.jpg










スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!