「 未来の途中のリズム ~ 美術・工芸・デザインの新鋭10人展 」その5

Category : 現代美術シッタカぶり
K1_2016030808530691e.jpg

出展作家|清田泰寛
2016.01.12~02.27【 京都工芸繊維大学 美術工芸資料館 】

清田泰寛さんは丁度2年前の京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAでの個展「雷雷抱雷雷」を拝見して、ココロの中で思わず歓声を上げた作家さんでした。清田さんは「言葉が図像に直結するような絵画表現」を目指し制作を続けている作家さんです。支持体であるカンヴァス布が変形された木枠に張り込まれた「立体絵画」とも呼べるもので、発想といい、色使いといい、その大胆な構成力は文字通り、舌を巻く面白さにあふれています。概念をぶっ壊しながらも説得力に満ちた作品は展示光景からも強烈な力、というよりも磁場を感じました。何と言うか、そのヴィヴィッドな作風からか、呪術的(崇めるアイコン)な印象も受け、同時にプリミティヴな匂いを感じます。今回の展示は平面作品ですが会場の照明との相性がほどよく、その奥行きのある作風をより一層際立たせていました。何よりも構図が生きている、動いている、息づかいが感じられるんですね。迫力といえばそうですが、もっと大きなうねり、ですね。それはモチーフの反復から来ているものなんでしょうか。清田さんの個展の紹介文の中でブライス・マーデンとエリザベス・マーレイの名前が出て来ました。検索しているうちにすっかり好きになってしまいました。その中でブライス・マーデンのこんな言葉に、浅学なシッタカブリアンはしばし、考え込んでしまいました。「絵かきというものは、一本の線をひくことで、画面が平面でありながら、そこに立体や、深さを作ったりすることができる人のことだ」なるほど、なるほど…

k2_20160308085307d40.jpg

k3_2016030808530844e.jpg

k4_20160308085310559.jpg

k5_201603080853115e6.jpg









スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!