「 メルヤ・ケスキネン / アイノ・ファヴェン 」

Category : 現代美術シッタカぶり
P3040063.jpg

P3040072.jpg

2016.02.27~03.12【 GALLERYGALLERY / +EX 】

フィンランドのテキスタイルアーティスト2人の展覧会です。それぞれに特徴的なのはメルヤ・ケスキネンさんは「色を基本」としていること、一方のアイノ・ファヴェンさんは「素材を基本」としていることです。メルヤさんは組み合わせることによる「色の変化=見え方」や「対応=曖昧さ」といったキーワードのもと、あくまで手織りによるタペストリーのような作品を発表しています。この色彩の妙は遠目と近くでは微妙に表情が変化し、色糸の量を調節することで見え方も違ってきます。とても丁寧な作り込んだ感が詰まった作品です。やはり北欧の色彩感というものをこういう作品を通じて実感することができます。さて、アイノさんの作品には見たままの印象を遥かに裏切る驚きが隠されています。どれもアクセサリーとしての機能は持ちつつも、かなりメッセージ力の強いもので、実はネックレスなどは全てスーパーのレジ袋でできています。アイノさんはこれらの「新品ではない素材」を使うことによって単にプラスチックの再利用を訴えるだけではなく、汚れたプラスチックがこんなにも優しい手触りのある美しいものに変貌するということに魅了され、さらに海に流されたこれらの工業製品が魚やその他の野生動物を静かに脅かしているという残念な現実への墓碑銘、あるいは追悼の花束でもあると述べておられます。

P3040060.jpg

P3040061.jpg

P3040062.jpg

P3040064.jpg

P3040073.jpg

P3040074.jpg

P3040075.jpg

P3040076.jpg










スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!