「 森下 茅:image 」

Category : 現代美術シッタカぶり
P3010133.jpg

京都造形芸術大学 大学院 修了展
2016.02.27~03.06【 京都造形芸術大学 F201 】

先日のギャラリー恵風での個展も大変魅力的でスタイリッシュな構成でしたが、この修了展には正直驚きました。森下茅さんの精力的な制作ベクトルもさることながら、一点一点のコマがこうして集まることによってまるでロードムーヴィーのようになりました。色彩のバランスや会場の空気感を考えた展示でした。実は僕はこの棟(2階以上ですが)が前からなんとなく好きで、それもあるのかも知れません。先のコヤマ・ナット・コリーさんと同室でして、対象的な作風が互いに反応してとてもいい感じでした。なんだかいい感じになっている森下さんでした。
コメント全文「現実と想像のあいだ:刹那的状況の連続で成り立つ「いま」は、不安定でありながらも、様々な可能性を秘めているように見える。「私」は描くという行為を通して、その中にある「他者」との関係における新たな可能性を模索している。

P3010134.jpg

P3010135.jpg

P3010136.jpg

P3010138.jpg

P3010139.jpg

P3010140.jpg











スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

ナミキ・キヨタカ

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
ゆらゆらと過ごしております。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
facebookもよろしくです。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!