「 タカスカナツミ 個展 ~バター、まえがみ、スクワット、ねる、空振り、きりとる、川 」

Category : 現代美術シッタカぶり
2016.03.29~04.03【 KUNST ARZT 】

ほぼ1年前の個展ですっかり魅了されてしまいましたね、タカスカさんのつぶやきに。多分、ですが一番苦慮されるのがスケール感ではないでしょうか。前回お話伺ってやはり、ストックを相当されているんですね。組み合わせの妙がタカスカさんの持ち味ですから、もはやチョイスのセンスにかかってきますが、とにかくハマります。前回よりもサイズもキュッと締まって、全体にシャープ(というのも変な例えですが…)になってます。うーん、タイトというのかな。この作風のキャプションは最初は普通に作品の横に印字して貼ってあったそうですが、吹き出し状にして下げるという方法で、タカスカバージョンに進化したわけです。立体化したカートゥーンのような感じですが、決してそこには面倒なイデオロギーなどなく、日々の小さなつぶやきを立ち上がらせたといった感じです。サイトにある「twitter」チックな作品というのはピッタリです。肩の凝らない作風ですが、これはとんでもなく大変な作業の果てにあるわけです。だから、こういう作品にややもするとありがちな「間の抜けたテイスト」が感じられないのは、凝縮度と、余分な要素は極力入れないといった濃縮度にあると思います。奥にはシルクスクリーン作品とその原画が展示されていますが、この展示の仕方がまたいいんですね。モチーフを徹底的に引き算して、なおかつ観客に質感を連想させる技も中々のものです。画像は全てキャプションが来て、作品、という順番になっています。クスっとしてください。花曇りのちょっとうっとしいこんな日にお出かけして、目撃していみるのもまたオツなもんで、多分、元気出ます、ハイ。

t1_20160413075656967.jpg

t2_20160413075658908.jpg

t3_20160413075659ff0.jpg

t4_201604130757019d2.jpg

t5_20160413075702dcd.jpg

t6_20160413075725c1f.jpg

t7_20160413075727822.jpg

t8_20160413075728cad.jpg

t9_201604130757308bc.jpg

t10_2016041307573100d.jpg

t13.jpg

t14.jpg










スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!