「 街色ララバイ ~ 松尾 勇祐 木彫展 」 2

Category : 現代美術シッタカぶり
mm10.jpg

2016.03.29~04.10【 gallery morning 】

先だっての松田さんの個展での奥の院の大作です。こういうのはあまり言語化せん方がよかろう、という勝手な判断で、ええ、語りません(…が)この木彫から気迫を受けるのか、それとも妖気か、邪気か。これほどの作品に向かう作家の心性など、計り知れません。ひと塊の木から放たれる力、テンションは、言うまでもなく造形そのものからですが、それ以前に作家がどういう心持ちで鑿(のみ)を穿(うが)つのか、それが慟哭であるか、歓喜であるか、狂気であるかは、もう観客に委ねられているわけですね。つまりもう作家の手を離れている、そういうことです。手を離れて魂を得た、吹き込まれたということです。あれ、またシッタカぶって語りましたか、私? 失礼しました…明日まで! 見るべし!のココロ。

mm1.jpg

mm2.jpg

mm3.jpg

mm4.jpg

mm5.jpg

mm6.jpg

mm7.jpg

mm8.jpg

mm9.jpg




















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!