「 序 破 急 ~ 竹田 安嵯代 展 」

Category : 現代美術シッタカぶり
T9_20160427100842b84.jpg

2016.04.19~04.24【 gallery MARONIE 3 】

タイトルは「じょ・は・きゅう」と読みます。これは元々は雅楽の舞いから出た概念だそうで、能に限らず蹴鞠、香道、剣術、居合道、茶道、歌舞伎、浄瑠璃にも使われる言葉で、さらに小説、演劇、スピーチなどにも適用される形式原理です。起承転結を3つの流れに当てはめると「起承」が「序」、「転」が「破」、「結」が「急」となります。序論→本論→結論というわけです。竹田さんは画家、バッグ作家であり、特にバッグに関してはかなり独創的なオブジェのようなフォルムです。この個展も何年かぶりとのこと。一見すると陶芸のようにも。実は帆布にジェッソを塗り、さらにアクリルで着彩して、カチンカチンにしています。その造形は内からのエネルギーが噴出し、裂け目ができたような静と動のコントラストが際立つ設えになっています。中央に伸びる布は6枚はぎで作られています。ジェッソを塗る前はまだ柔らなので糸で上から吊るし中は紙の芯を入れている、など結構ネタバレ話をなさってくださいました。とてもシンプルな展示ですが、タイトルが示す意味を如実に表していて直感的に作品を受け止められました。やはりバッグのような「用」を成す作品(商品)を作っていると、こういうものを手掛けたくなるんでしょうか、あくまで憶測ですが。

T1_20160427100817773.jpg

T2_201604271008176ec.jpg

T3_20160427100819865.jpg

T4_201604271008202e1.jpg

T6_20160427100822e26.jpg

T7_20160427100839259.jpg

T8_2016042710084116c.jpg

T10_20160427100844289.jpg

T11_20160427100844fac.jpg











スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!