「 2016 CAF.N びわこ展 」

Category : 現代美術シッタカぶり
2016.05.07~05.15【 大津市歴史博物館 】

最終日、好天の中ドライブも楽しみつつ滑り込みで観覧。今年で7回目となる当展。なんといっても出展作家41名の多彩な作品が一堂に会するという機会は、同時に現代美術の裾をもっと広げて、より日常の中でごく身近に感じて欲しいという一念を来る度に感じます。が、なんといっても大津市の公共施設(美術館でない)を会場とする日程調整の難しさや大小高低、多くの作品の配置、搬入の段取りにかける時間そのもののタイトさなどについて、彫刻家である藤原昌樹さん(実行委副代表)と立ち話させていただき、頷くことしきりでした。その上で様々な興味深いワークショップを企画されたりと、開催の度に大変なご苦労をされているんだなぁとお察ししました。当然展示されている作品には作家の強い主張が込められています。それはいわゆる作家の意思表明ですが作品とは結果報告でもあるわけで、どのような憶測も受け入れるだけの覚悟も必要です。一般の人たちが現代美術について高い敷居を意識するという現実、特定の人達だけのものと感じさせたのも、誤解を恐れずに言えば作家の怠慢でもあるわけです(素人が生意気言ってすいません)広げようとする行為はキャンペーンやスローガンだけでどうにかなるものでもないわけで、多彩なワークショップや参加型のイベント企画でアプローチしていく地道な行動があってのことと痛感します。藤原さんのお話しの中で面白かったのは(これ公開してもいいのかな)展示の配置については中堅作家に一任し、ベテラン先輩作家はあくまで任せるスタンスをとったことです。これだけの作家の個々の声を反映させたのでは収拾がつかなくなりますものね。FBでにALを見るにつけ藤原さんたちの企画は着実に実を結んでいると感じました。来年も見させていただきます!

P5150006.jpg

P5150007.jpg

P5150011.jpg

P5150012.jpg

P5150014.jpg

P5150017.jpg

P5150020.jpg

P5150022.jpg

P5150023.jpg

P5150024.jpg

P5150026.jpg

P5150028.jpg

P5150029.jpg

P5150031.jpg

P5150032.jpg

P5150033.jpg

P5150034.jpg

P5150036.jpg

P5150037.jpg

P5150039.jpg

P5150041.jpg

P5150050.jpg

P5150057.jpg










スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!