「 山田 修市 展 」

Category : 現代美術シッタカぶり
P5190070.jpg

2016.05.17~05.22【 ギャラリーヒルゲート 】

仕事が済んで帰宅して一段落した後、
まずギャラリーのサイトを一覧し、行く予定を立て、
順番を決めてかかります。
ピンポイントで周るわけで何気なしにというのは滅多とありません。
そんな中、道中のギャラリーのウィンドウに飾られた作品が目に止まり、
その簪(かんざし)を刺した女性画に見入ってしまい、
そのまま誘われるようにギャラリーへ。
山田さんの絵に共通するのは作家の主観を観客に委ねられる余裕と
レンジの広さ、容量の豊かさが全てに感じられることです。
これはややもすると勇んで個展に赴く素人の勢いを、
優しく諌めてくれるような、
もう一回、絵というものをじっくり見てみようという気持ちにさせるものです。
得てして“何かを汲み取ろうとする”働きが強過ぎて
“愉しむ” という基本的なスタンスを置いてけぼりにしてしまいがちな自分を
検証させてくれるような展覧会でした。
会場は山田さんの作品には窮屈すぎるような気もしましたが
(展示点数との兼ね合いもあったかも)
とにかく画材や画風、風情といったものがそれぞれの作品に見事に反映され、
一点一点の作品世界に確固たる山田さんの意志、
そしてどれも柔和な表情をたたえて見事に確立しています。
最初に気が付いたのは筆さばきが速そうな印象でした。
一気に描いて筆先へテンションを転化させ、
着地させるスピードが速そうだなと。
銀箔を使用した作品などはまだエスキースだということで驚きました。
実際には大きな作品になるそうで四季の様相をシリーズ化した作品の一端です。
どことなく人物作品に漫画家の永島慎二の面影を感じるのは、
ただ僕が熱烈なファンであったということだけでしょうか。
そのちょっぴり憂いを留めた面差しがこちらに囁くように語りかけます。
花の作品の画面の割り方については
作家さんから丁寧な説明をいただき
「異(い)なるものとの共生」「合わせ鏡のような異相」といった
昨今の事象を彷彿とさせるイマジネーションに基づいた作品であること、
来たるべき時への山田さんの杞憂と希望が交錯する複雑な思いを感じさせるものでした。
階上のパステル画もこれまた素晴らしい作品でした。
言葉足らずですが、なにぶん「絵」ですから、
見ることに尽きるでしょう。
思いがけず素晴らしい時間をありがとうございます。
ぜひHPをご覧いただきたいと思います。
それにしても僕よりもひとまわりも上!とは思えないほどに若々しい山田さんでした。

山田さんのHPは → http://shuichiyamada.com/

P5190071.jpg

P5190074.jpg

P5190075.jpg

P5190076.jpg

P5190077.jpg

P5190078.jpg

P5190080.jpg

P5190081.jpg

P5190082.jpg

P5190083.jpg

P5190084.jpg

P5190085.jpg

P5190086.jpg











スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!