「 逆柱 いみり ~ RE-MIX 」

Category : 現代美術シッタカぶり
P6030001.jpg

2016.05.20~06.12【 trance pop 】

基本的に自転車に乗ってゆるゆるとギャラリーメグリストとなるわけですが、
サプライズな出会いというものも稀にあります。
滅多に通らないルートにあるギャラリーですが、
これもまた滅多にオープンと重ならないんですね。
ガラス越しの動体視力は捉えました。
僕にとってど真ん中のストライク。
かなりな変化球、というよりもクセ球ですが。
漫画家の逆柱さんの京都での個展です。
とにかく変態感、元ネタ感、
ぐにゃりなSF感がもうスッキリと僕の中に入ってまいりました。
そう、ウルトラQとか好きそうな。
決して大きくもないギャラリーですが、
中身はぎっしりと歓喜もの、奥スペースは濃いグッズが所狭しと販売されております。
逆柱さんの展示は何回もされていますね。
さて、逆柱さん、こってりとした作風は
レトロフューチャーな非日常むき出しの夢に出てきそうなシーンが次々。
多くのアクリル画作品にモノクロ原画も展示。
ファンには垂涎ものですね。
「ねじ式」を読んで漫画家を目指し
1989年にガロ(青林堂)でデビューされた逆柱さん。
ストーリー性が極端に少ない、というか、もう無いんですね。
読者はどんどん迷宮の異界へフラフラと夢遊病者のように
誘(いざな)われる。
漫画家ズ漫画家と言っても良いほどに
他の作家さんからリスペクトされています。
静岡では舞台美術も手掛け、バンド「漏電銀座」ではギターを担当。
ヒカシューのジャケットも描くだけあって「あの」世界観です。
奥さんは同じくガロ出身のみぎわパンさんです。
ところで会場に置いてある
なにげない4冊のサービス判がギッシリのフォルダは必見中の必見もの! 
これだけ見て酒呑めます、話できます、永遠に、というくらい。
会期はまだあります。
出町柳へフラッと散歩がてら是非見にお越しください。
そしてこのフォルダを手にとって、軽い目眩をどうぞ! 
以後の展示は白根ゆたんぽ、安斎肇、朝倉世界一と続く、
かなり濃ゆい内容。
行くっきゃないっス!

P6030002.jpg

P6030003.jpg

P6030004.jpg

P6030006.jpg

P6030007.jpg

P6030008.jpg












スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!