「 芦田 寿 ~ ブロッコリー(凛として)里の秋 」

Category : 現代美術シッタカぶり
芦田1

2016.06.15~06.20【 アートギャラリー北野 】

通りすがる瞬間に目に入ったモノクロの作品に引き込まれたわけです、
結果的に。
田畑での収穫を描いたもので何人かの人
(かなり匿名性の高いアイコンとしての表現)が
全く同じ姿勢で刈りとった所産を肩にかついでいます。
この構図が面白くて訊いてみると、
やはり幼い頃から里山や畑が身近にあって、
ごく自然にモチーフになったものです。
さっそくブログなどの紹介を伺ってみると快諾。
が、入り口の作品は撮ってほしくない、とのこと。

「近所のおっさん(京都だけではないが「お」にアクセントを置く
「お坊さん」の総称)がね、一点で勝負せなあかんで、言うんよね。
だからあれはいいの、他のもいい。このブロッコリーのに賭けてるんよね。
これでいこうかと思ってる。東京の美術館の公募もこれ」との
かなり強い要望ゆえ、10点以上ある作品から
リクエストによって2点に。
こういうのは珍しい展開なんですが、芦田さんの決意表明、ですから。
ご自身もブロッコリーを栽培されています。
その愛おしさがほとんど脳内宇宙化されてますね。
洋画ですが岩絵具も使いながら「だって目立たなアカンでしょ、ねぇ」と
破顔の芦田さんはおそらくは僕よりも先輩の
京都造形芸術大学 芸術学部 通信教育部を2011年に卒業された
女性画家であります。

芦田2











スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!