「 川田 知志 〜 むこうスタジオのオープンスタジオ5 」

Category : 現代美術シッタカぶり
川1

2016.06.25・06.26【 むこうスタジオ 】

「むこうスタジオにて(その1) 〜 川田 知志さんのこと」
昨年の夏「ハイパートニック・エイジ」で拝見しました川田作品に
心地良い度肝を抜かれ、
勝手に思い込んでいたフレスコ画の印象をサラッと変えてくれました。
しかし基本的な段取りは何も変わりません。
言えばアプローチの仕方、とでも言うのでしょうか。
それと「現場感」。
スタジオには久御山での大壁画に使われた「自作色」がひとまとめにあり、
この仕事はまだ前半を終えたばかりだそうです。
全体のスケッチも壁にかかっていました。
京都境谷小学校の作品やフレスコ画のワークショップの様子は
川田さんのHPで見ることができます。
もちろんアトリエで描くこともあるのでしょうが、
川田さんの作品は圧倒的にパブリックな場での制作というイメージがあります。
いわゆる左官的なスキルを会得する必要もあって、
石灰を相手にしながら、絵具の定着に日本画や油画、水彩のような
一切の溶剤を使わず、それでいてとんでもない耐久性を持つ、
一体誰が考えたのか、と思う程に不思議な画法です。
フレスコ画については時間が止まったまま、と言えます。
しかし、そこに川田さんのような「独自な見解」が加わると
途端に環境を変えていく効果や愉しさ=インスタレーションの面白さが際立ちます。
作品のバックに薄らと見えるくの字の金網。
なんだか変なんですが「いい仕事してますねぇ」という感慨しきりでした。
ヴィヴィッドなはちきれんばかりのモチーフも素敵です。

川田さんのHPです → http://kawatasatoshi.tumblr.com/

川2

川3

川4

川5

川6











スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!