「 近藤 邦彦 〜 むこうスタジオのオープンスタジオ5 」

Category : 現代美術シッタカぶり
こ1

2016.06.25・06.26【 むこうスタジオ 】

「むこうスタジオにて(その3) 〜 近藤 邦彦さんのこと」
5人の作家さんの中で唯一、展示を拝見していないのが近藤さんです。
京都嵯峨芸術大学・院の卒展もその年のみ見逃しています。
毎年見るつもりでもフルタイム就労者としては
中々に叶わない時もあります、残念。

さて、近藤さんは彫刻です、が、
このスタジオでの作品はほぼほぼ線描作品となっています。
かなりの数の展示ですが、
じっと見ているとだんだん近藤さんのスタイルや方向性が見えてきます。
「この大きさがちょうどいいんです、
手の動きというか、ストロークが」と語る近藤さん。
いわゆるダウンサイジングでもライトサイジングでもない、
鑑賞者の頭の中で交錯し踊る線を3D化させるには
確かに丁度良いサイズかもしれません。
彫刻作品も何点か置かれていましたが、
とにかく今はこの方向でいってみようということで、
この小気味よいストロークが
やがて彫刻にとってのマケットのようなものになるかもしれません。
これらの線描が次第に色彩感を帯びてくる過程も覗けます。
彫刻を制作される作家の性(さが)ともいうべき
「フォルムの自立」に向けての構想というものが、
やはり近藤さんにもあって、
この形が象徴的な形となってお目見えするのも近いのではないのかな、
などと穿ってみたりしました。

なんでもHIP HOPがお好きとのことで、
なんだかグラフィティ的なアプローチも想像したりしました。
そういう感じでミクスチャーできたら
面白いかもしれませんね、などと勝手に言ったりしてます。

こ2

こ3

こ4

こ5

こ6












スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!