「 大住 由季 展 〜 oru oru koru 」

Category : 現代美術シッタカぶり
お1

2016.06.11〜06.25【 GALLERYRELLAG EX 】

こういう展示を見てつくづく女性は得だなぁと思ってしまいます。
それは好きなアクセサリーを身につけることができる、と。
言えば無限にある中からあれやこれやとチョイスできる、
またチョイスする楽しみが日常的にあるって、いいなぁと思いますね。

大住さんはアクセサリーを作っているというよりも、
制作の一端として小品のオブジェやアクセサリーも手掛けてらっしゃるという感じです。
会場にあるポートフォリオでちょっと、ぶっ飛びました。
この方のタペストリーはタペストリーと聞いて、
この貧相な予備知識しか持ち得ない僕の想像を遥かに越えてしまっていました。
というか、このセカイを余りに知らなさ過ぎるんですね、
多分僕は。編み込んだディテール、という
タペストリーの魅力を軽く凌駕したもので
むしろ絵画に近いもの、と言ってよいと思います。
奥行き、立体感をこれだけ表現できる作家さんもそういらっしゃらないのでは。

さて、会場に置かれた作品は偶然にもお隣りの作風にも通じる
「折る」というコンセプトのもと、
金属の糸を織り込みながらいわば「形状記憶」的に
その形を維持できる方法をとっておられます。
色合いと形の程よいバランス。
つまり奇想としての形ではなく、
あくまで「つけてみたい」と思わせるリアルさがとても現実的でどこにも、
ありがちな過剰なエキセントリックさは見当たりません。
タイトルの「oru」は「織る・折る」で、
「koru」はフィンランド語で「飾る」という意味です。
なんだか欲しくなってしまいましたね。

お2

お3

お4

お5

お6

お7

お8













スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!