「 神村 泰代 展 〜 黙祷/silent prayer 」

Category : 現代美術シッタカぶり
P7160003.jpg

2016.07.12~07.17【 ART SPACE NIJI 】

ゼンマイ、シリンダー、ドラム、コーム(櫛歯)、ベッドプレート、ギア…
その手の平に乗るギミックに人は魅了されます。
オルゴールがネイキッドに示されるということは、
その上に “服” を着るということを暗示していますが、
こうしていくつも吊るされたそれらは、
構造をさらけ出したまま、無数の誰かへの墓碑銘のように、
あるいは手向けられた一本の花のように沈黙しています。
以前の個展では本来は言葉であるお経を音階にあててオルゴールにしたものや、
木魚の中にオルゴールを入れた作品もあり、
祈りをテーマにしている神村さん。
オルゴールの魅力はその音色もさることながら
ゼンマイが切れると次第に緩慢になって、
やがて静止する旋律への何とも言えない切なさにあるかも知れません。
会場にはたった一個、鳴るオルゴールがあります。
その他はゼンマイを巻いても空虚にドラムが回るだけです。
それは果たしてオルゴールなのか、
いや、鳴らないオルゴールにこそ作者の思いが込められているような気がしました。
その、止まることさえ知らされない物言わぬオルゴールは正に、
こっくりと、黙祷しているのです。
不穏な世界の動き、どこかで少しずつ壊れていくような人々、
不意に訪れる災厄、信頼や約束という言葉の意味が希薄な時代、
しかし亡き者と、失った所産へ「深く黙祷する」気持ちは決して忘れたくない、
そんなささやかな想い…

P7160004.jpg

P7160005.jpg

P7160006.jpg

P7160007.jpg

P7160008.jpg

P7160013.jpg










スポンサーサイト

Comment

ありがとうございます。

すみません、ご紹介いただいてたのしばらくたってから気がつきました。
ありがとうございます。
FACEBOOKにリンクさせていただきました。
書いていただいてる内容も深く楽しんでいただいて、わかっていただいてる感じで
嬉しいです。

ありがとうございました。
非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!