「 熱田 聖子 〜 氷河 」

Category : 現代美術シッタカぶり
P8020043.jpg

2016.07.23〜08.06【 GALLERYRELLAG 】

ギャラリーへのエレベーターから降りた瞬間に
いつも以上に冷房が利いているのを感じました。
京都独特の夏に今年はさらに拍車がかかり、
この快適さは格別にありがたい計らいです、と思う間もなく川島さんの
「作品が作品なだけにちょっとだけ冷やしました」と茶目っ気な笑顔。
ガラス越しに見える造形物を見て、なるほど、と。

現在アメリカは西ワシントン州立大学美術学部の准教授である熱田さん。
5年前に家族で行ったアラスカでの氷河の美しさに魅せられて
制作されたオブジェの展示です。
映像でしか見ることのない氷河の崩落と轟音を目の当たりにされた時の
ショックを布と紙のインスタレーションによって表現しています。
オブジェの周辺に敷き詰められたものは塩の粒と黄色のガラスです。
おそらくは業務用と思われますが、
氷河が溶けていく様子を表しています。

いつも感じることですが、テキスタイルの方々の
「布への造形の転化力」というものには感服させられます。
僕のような素人は
テキスタイルのレンジを限定してしまってような見方があると自戒を込めて、
このような作品を目にする度に
「カタチを立ち上がらせる」ことへの弛み無い研鑽を見る思いに至ります。

P8020045.jpg

P8020047.jpg

P8020048.jpg

P8020049.jpg

P8020050.jpg

P8020052.jpg











スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!