ART OSAKA 2016「 studio J 」

Category : 現代美術シッタカぶり
j1_20160908112602fd9.jpg

阿波野由起夫/池田慎/碓井ゆい/中村協子
2016.07.01~07.03【 HOTEL GRANVIA OSAKA 6216 】

池田さんの名前を見て「おやっ?」と思った瞬間、
記憶を遡って、調べてみると
2009年9月に京都の Ponto15 というギャラリーでの個展で、
しっかりレビューさせていただいてました。
それでお互いに「!」となったんですね。
段ボールの構造上必ずある、あの波。
正確にはフルートというんですが、そのまま新聞紙で作っちゃう。
つまり見た目は段ボールに新聞紙を貼ったものにしか見えないが、
実際は新聞紙で作った段ボール、という
池田さん独自のロジックに沿った作風で、
その制作過程をYouTubeで見てさらにぶっ飛びました。
あれから7年。
作品にお目にかかる機会をことごとく逸してましたが、
こうしてまた出会えることとなりました。
今回の作品は造形の面白さもさることながら、
どことなく漂う、儀式に付随する
「その場限り」の花添えの嘘っぽさが感じられます。
極端に例えれば中国の棺に一緒に入る紙工作や
通夜の祭壇に設える提灯の中をぐるぐるまわる照明とか、
そんなニュアンス。
花の台座はどれも仏壇関連で、
花々の色合いに極楽幻想の片鱗を見るような、キッチュな感じです。

音楽家でもある阿波野さんの細密画は
その密度とアジアンな雰囲気、
そしてよく見ればボタニカルなモチーフに裏打ちされている
記号化された文様と、独特の世界観を放っています。

碓井さんの作品には目が釘付け。好きですねぇ、こういうの。
食品のパッケージで作った可愛いコスチューム。
今更ながらいろんなこと考えるひとが居るもんです。
そんなひとにワタシはなりたい、といったところで
今回はこれまで。

なお、池田慎さんの個展が大阪の studio J にて
「烏賊と鰯とハイビジョン」と題して9
月3日~10月8日まで開催されています。
ぜひ行きたいと思っております。

j2_20160908112603e0e.jpg

j3_20160908112604172.jpg

j4_2016090811260598d.jpg

j5_20160908112607bee.jpg

j6_201609081126215bd.jpg

j7_20160908112622ce6.jpg

j8_20160908112623a5d.jpg

j9_20160908112625ba8.jpg

j10_20160908112626bd7.jpg

j11.jpg

j12.jpg

池田さんの過去の制作動画 → https://www.youtube.com/watch?v=Q2nVYxw1zwQ
拙ブログのレビュー → http://den393.blog81.fc2.com/blog-entry-238.html















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!