「 中道 由貴子 展 〜 かたち と カタ チ 」

Category : 現代美術シッタカぶり
n1_20160927111120554.jpg

2016.09.20〜09.25【 gallery morning 】

画家さんにとっては、そこが肝でしょ、という部分を、
僕ごときの想像力で説明するなんてことはとんでもないのは当然として。
中道さんは一体どうやってアタマん中で
「絵を描く手順」を組み立てていらっしゃるのか…
絵を見れば見るほどにわからない…
だからこそ、この絵に惹かれるのでしょうね。
確かにとんでもなく筆を置く数が多いのはひと目でわかりますが、
それが絵としてトータライズされると、
この方独特の描写力のとんでもなさがわかるんです。
つまり技法や手法に“とらわれない”だけの画面構成、
シーンとして示すだけの力、ですね。
言葉にすると難しいですね。
置く、重ねる、合わせる、遠くにする、近くにもってくる、
そして、この逆もまた中道さんの絵に感じます。
実物を見ると、いつも言葉が見つからない。なぜか。
中道さんは絵を描いて“提供”する以前の
“画家としてのあるべき確信” を検証しているのかな、などと考えてしまうのです。
当然、中道さんが想定し得る絵は中道さんにしか描けない、ということで、
他の作家にも勿論言えますが、
久々に見る(あの京都唯一の村にあるギャラリーには、ついぞ行けなかったので…)
その絵に、しみじみ見入れば、
もう、たじろぐほどの美しさを描いてますね。
うーん、美しさと妖しさの中に軽やかさも同居している、
とでも言うんでしょうか。
以前とも違う(僕が言うのも生意気ですが)
絶妙な深化が見てとれます。
手法を見つけ、実行し、絵に反映させて尚、新しい世界を示す、という
弛み無い研鑽。
求心力の成せる技かな。
現物を見ると僕などはその清涼に洗われますね、ええ、
煩悩に相当にまみれた身には浄化な絵、です、ええ。

n2_2016092711112110b.jpg

n3_20160927111122bda.jpg

n4_20160927111124d0e.jpg

n5_20160927111125601.jpg

n6_20160927111139332.jpg

n7_201609271111405b6.jpg

n8_2016092711114267d.jpg

n9_201609271111431be.jpg

n10_20160927111145d4d.jpg

n11_20160927111202c11.jpg

n12_20160927111203acb.jpg
















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!