「 こっちおいで 〜 石原 三加 展 」

Category : 現代美術シッタカぶり
P9270005.jpg

2016.09.03〜09.29【 Note Gallery(枚方市)】

石原さんはいわゆる「犬フェチ」でも「愛犬家」でもないので、
そのことでかえって作品はクールに、それこそ、ぽん、と置かれます。
この一歩後ずさるような「入らなさ」のスタンスが、
むしろ観客の想像をかき立て、批判でもアイロニーでもない
「犬からの人間像」が設定される環境がつくられるんですね。
いわゆる彫刻とか造形作品というよりも、
作者の淡々とした演出も混じったインスタレーション作品と捉えています。

天井の梁から自分の毛で編んだ梯子をおろして決して可愛くない形相で
「こっちおいでよ」してますが、
さてこの巨大なプードルが僕たちに何を“施して”くれるかは未定です。
ポートフォリオを見てみると実に多彩に犬と人間との関係性を表現しています。
僕自身は愛玩犬と呼ばれる犬種、ことに
(飼っていたのがスコティッシュ・テリアなので)
ポメラニアンやチワワ、トイプードルの「僕を見て」的なリアクションが苦手で、
石原さんが作品のモチーフ、キャラクターに
プードルを選んでいる理由がよくわかります。
壁の作品は「ART OSAKA 2016」でも発表されていた
「そのバッグを持っている女性が飼っていそうな犬」シリーズ。
やはりサマンサタバサはそれっぽい、のでしょうね(笑)

P9270006.jpg

P9270007.jpg

P9270010.jpg

P9270012.jpg

P9270013.jpg

P9270015.jpg

P9270017.jpg

P9270018.jpg

P9270020.jpg

P9270021.jpg















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!