「 ○○/maru maru 〜 穴田 優斗 」

Category : 現代美術シッタカぶり
a10.jpg

2016.09.20〜09.25【 KUNST ARZT 】

穴田さんの作品は過去にグループ展で2回拝見してます。
2mものご神体です。版画作品、ですね。
素材はフェルトですが
(それにしても先の濱さんも同じフェルトでしたね。面白いです)
そこにシルクスクリーンでどんどん刷り重ねると、
こんなにも面白い表情が生まれます。
時間がかかっていますね、相当に。
フェルトを縫いながら、そう、奥の部屋では、
まるで仏師のごとく黙々と制作に励む穴田さんと会えました。
授業の課題であったお地蔵さんがモチーフのそもそものきっかけだったようです。
写真もですが、版画座標とも言うべきレンジについて、
何に、何を、どうやって、という手法の多彩さにやはり驚きます。
奥深い森の奥、突然現れたサークルに、
この穴田仏が置かれて、そこにだけ陽が射しているところを想像したりします。
ぜひやっていただきたいものです。

では、合掌。

a1.jpg

a2.jpg

a3.jpg

a4.jpg

a5.jpg

a6.jpg

a7.jpg

a8.jpg

a9.jpg


























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!