U N K N O W N / A S I A 2016 ⑭「 Momoko Mitani 」

Category : 現代美術シッタカぶり
PA020152.jpg

2016.10.01~10.02【 HERBIS HALL 】

奇しくも「やみ」という響きには「病み」「闇」が浮かびます。
生きていく上でこの二つと無縁な人って居るかな、などと思います。
多少なりとも身に覚えのある人なら、
この二つを(黙ってとは言いませんが)受け入れるスタンス、
元はと言えば身から出た錆でもあるし、
あるいは(悔しいけれど)不可抗力の末の現状である、という方も多いと思います。

このブースにかかった様々な(画材がホント色々です)作品を見ていて、
すくむような色とフォルム、とでも言いましょうか。
不穏さを通り越した、もっと凄惨な人の闇を覗いているような気持ちになります。
それはどの作品にも見られる浸食性や混濁感の色彩化であり、
苦しむ、冒す、蝕む、といった語彙も次々に浮かんできます。
同時にこの方の表現手法の巧みさを表すものであり、
何に描いても、何を描いても、ご自分の指針、ベクトルというものが
明解であるということなのかな、と。
多湿な表情を持つこれらの作品は、帰ってみて撮影した画像を改めて見て、
その魅力に気付くんですね。
あのようなざわざわとした環境の中で見ると、
どうしても温度感、素材感がバラエティに富んでいて、
目がウロウロしてしまうのかぁ、などと。
印象以上にかなりエッジがバリバリに利いている絵です。

作家HP → http://mmk03.tumblr.com

PA020153.jpg

PA020155.jpg

PA020156.jpg















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!