「 井上 結理 個展 ~ μmの生命 」

Category : 現代美術シッタカぶり
PA130161.jpg

2016.10.11~10.16【 KUNST ARZT 】

射手座の個展からもう6年なんですね…
井上さんの作品に共通して言えるのは「検証表現」です。
日常生活に見られる(それも何気に)さまざまな事象から
井上さんが抽出したものを、独自の視点から検証し、提示し、
鑑賞者に或る “特化” した感覚を味わわせる
「作風を持たない作家」さんという印象です。
しかし6年前の「ヌケガラ」に通低する “経緯と痕跡” は
どの作品にも見られます。

今回はご自信の肌に棲息する細菌をシャーレで培養しています。
ですから初日と最終日ではその展示の様相もかなり変化しています。
また細菌研究の先生たちの協力を得てのしっかりとした内容で、
現代美術の範疇を想像以上に広げてくれることにも
また “気付かされる” わけです。
200種以上の微生物たちはそのフィールドの上で
己が生き抜くための競争を日夜繰り広げ、
また「善玉な細菌」によって肌が良好に保たれるという、
大げさでなく、人は細菌の営みによって生成されているといった
不思議な感慨も受けます。
専門家の一文にもある「良き隣人たち」である微生物によって、
人間の生を垣間みる…
素晴らしいテーマでした。

PA130163.jpg

PA130164.jpg

PA130165.jpg

PA130166.jpg

PA130167.jpg

PA130168.jpg

PA130169.jpg

PA130171.jpg















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!