「 JUBAN : SEEING RED ~ グレン・カウフマン 」

Category : 現代美術シッタカぶり
PA210043.jpg

2016.10.15~10.29【 GALLERYRELLAG 】

なんならカウフマンさんのステートメントが全て語っているので、
そのままコピペ、とも思いましたが、
やはり僕なりの。
とは言っても、やはり、この赤には、牛のみならず、
人までも興奮させる何かが潜んでいることは確かなようです。
この展示を女性が見るのと男性が見るのとでは
おのずと違いが生じるかも知れません。
カウフマンさんの文章の最後に
「私にとっては赤い襦袢こそ
情熱と歓びを感じる特別な地位を占めているのである」とあります。
そんじゃぁ、これを民俗衣装における性的なアプローチ及び
色彩学から鑑みた興奮度のベクトル、とか何とかやったら台無しです。
ここでなぜ襦袢は赤い?とウンチクしても、さらに遠くなる。
要は襦袢に光を当てたのだ、くらいの気負いの無さがいいのかも知れません。

会場に入ると僕には静かに人の気配に揺れる襦袢から
あらぬフェロモンが立ち上ってくるようで。
何でしょうか、ちょっとめまいがしそうです。

見たまま、でいいのではないでしょうか。

PA210045.jpg

PA210049.jpg

PA210051.jpg

PA210052.jpg

PA210053.jpg

PA210054.jpg
















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!