「 Story × Story ~ 黒沢 理菜 + 内海 紗英子 」

Category : 現代美術シッタカぶり
2016.10.18~10.23【 ギャラリー恵風 2F 】

別々にレビューしたいほどに、お二人とも作風の出自を明確に持たれていて、
同じ漆という素材でありながら、それぞれの作品の際立ち、
粒立ちのようなものが見てとれました。

黒沢さんが幼い頃から身近で見た織物や陶器の質感やディテールの漆芸への置換発想は、
ご本人のキャラクターなのか、気負いの無さと作品とのギャップも興味深く、
古色蒼然とした印象を持たれがちな漆の世界観を
自らの独特なアプローチによって手前に引き寄せる引力が感じられます。

片や内海さんはクリスチャンであることによる宗教的な側面を
作品表面の仕様に反映させ、神話に登場する人物を象徴させる作風となっています。
また人物のみならず秤や星座表などの作品も魅力的です。
まさにお二人に共通する一貫したテーマ展開が
このような明解で親和性のある作品を生み出すんですね。

漆の京芸、京芸の漆、というのは当事者の自負にたがわず、
レンジの広さ、自由度の高さそのものであるということですか。
院1年生のこれからが益々楽しみな展示でした.

※画像は黒沢さんから、それぞれ6点ずつ。

k1_201610271819037b9.jpg

k2_201610271819043fd.jpg

k3_201610271819061f5.jpg

k4_20161027181907901.jpg

k5_201610271819098c5.jpg

k6_20161027181923431.jpg

う1

う2

う3

う4

う5

う6

















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!