「 the world ~ 白矢 幸司 展 」

Category : 現代美術シッタカぶり
s2_20161027201420df9.jpg

2016.10.01~10.29【 COHJU contemporary art 】

あるがままのものを、あるがままに受け入れる。
それが様々な表情となって、存在そのものを静かに知らしめる。
この展示を見て、ギャラリストとお話しさせていただき、
しみじみとそんなことを感じました。

地表の大部分を占めるシリカ(SiO2)、アルミナ(Al2O3)、カルシウム(CaO)の
3つの物質と水(H2O )によって制作された
「彫刻らしきもの」に白矢さんの作意というものがもし反映されているとすれば、
それは3つのの配合の違いによる化学的な変容が、
おそらく造形物として認識されrるであろう鑑賞者の意識への訴求を示したものと言えます。
様々に配合された3つの物質は1,280℃で焼成されたにも関わらず、
その様相は同じものとは思えないほどに変化します。
地表=土を化学的な視点から考察し、
自然の美しさに常に手を入れてきた人間の傲慢とも言える所業
(それは常に二律背反の宿命のもとにある)を、
こういったミニマムな作風によって示してくれます。
雨の様々な痕跡をプレートにしたものなどは、
もう作家の手を離れた「現象」を粛々と受け入れ、
自然そのものの作用に畏敬を以て向き合うといった厳粛ささえ漂います。
2010年にロイヤルカレッジ オブ アート・ロンドン ( 陶芸・ガラス ) を修了、
現在は自身の出身地である兵庫県を拠点に創作活動をされています。
関西では初個展となる今回の展覧会。
会期が充分にあったにも関わらずレビューが遅くなってしまいました。
この土曜日まで。
僕が見た棚に並べられたコルク瓶の中身、様子は
全く違う印象になっているはずです。
時間の経過=現象=地球のあり方について、
を目の当たりにする貴重な機会です。

s3_201610272014220cd.jpg

s4_20161027201423f43.jpg

s5_20161027201425b5b.jpg

s6_20161027201440234.jpg

s7_20161027201441504.jpg

s8_2016102720144363c.jpg

s9_201610272014449eb.jpg

s10_20161027201446799.jpg

s11_20161027201501de9.jpg

s12_20161027201503d08.jpg

s13.jpg

s15.jpg



















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!