「 Plastic Park / あの公園で会いましょう。~ 井上 練子 」

Category : 現代美術シッタカぶり
い1

2016.11.01~11.13【 gallery ARTISLONG 】

「ジューシーな絵を描きなさい」
井上さんが師事した先生の言葉です。
これはまともな絵など描いたことのない僕でも、
蓋(けだ)し名言だと思います。
言い換えればカチンコチンはイカンと。

根木悟さんの個展でたまたま知り合った画家・井上さんの、
実物はそれはそれは限りなく自由、でした。
井上さんの絵を描きたいという欲求の手始めは絵の先生につく、という
率直かつストレートな行為からでした。
お話しを伺ってやはり「師匠」との出会いというか、タイミングというのは
その後を大きく左右するものですね。この先生に教えてもらわなかったら、
おそらく絵は辞めていたと言っておられました。
それにしても今のアクリル絵具って進化してるんですね、
油彩と見まごう表情。

井上さんは思い立ったら即実行の方のようで、
だめだったらやり直したらいい、という
実にフリーフォームなスタンスの画家さんです。
カンバスに発泡スチロールのスクエアをボンと貼って、
筆がつくるストロークが段差に来た瞬間の感じが面白い、と。
クランク大好きなんですね(笑)
また日記のようにあるがままを様々な画材で綴った小品シリーズもとてもチャーミング。

私事ですが、僕にはこの「自由奔放さ」が決定的に欠けてるな、と。
やはり30年もデザイン業に携わっていると
構成、構築、完結という観念に強く呪縛されるんですね。
もっと自由に作ろう!と改めて…

い2

い3

い4

い5

い6

い7

い8

い9

い10














スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!