「 谷井 ひろ子 展 ~ 居場所を求めて 」

Category : 現代美術シッタカぶり
t1_20161108091537d51.jpg

2016.11.01~11.06【 galerie 16 】

写真作品のレーダーチャートの話は僕の勝手な見立てですが、
この作品はそんな中でも特異なポジショニングにあると思います。
ですから言い換えれば、好き嫌いが分かれる作品とも言えます。

ディスプレイを見ながらアレンジするという
デジタルフォトならではの作風ですが、
もし銀塩フィルムでこれをやろうとすると相当なリスクを覚悟せねばなりません。
そして仕上がりも惨憺たるものに。
優れた切り抜きやレタッチ機能が
やはりここまで大胆な構成を可能にしたのでしょう。
しかしそんな先入観や情報を一切無しにして、見る、ということがとても大事です。
トリッキーな印象を持たれる方も多いと思いますが、
時間をかけて見ると徐々にこの独特な異空間に吸い込まれていき、
奇妙なラビリンスな感覚(時に不穏な)を味わうことができます。
こういう作品はマッチングと変な言い方ですがタイミングです。
谷井さんは「これはやり直しが何度でもきくから
延々と作り続けることができる」と言います、ということは
「キメを図る」タイミングもまた肝、なんです。
あまり安易に使いたくないですが「構成のセンス」ということ。
かと言ってデザインはしない、と。
エッジキレキレの展示、でした。

t2_20161108091538238.jpg

t3_20161108091540b8d.jpg

t4_201611080915419b3.jpg

t5_20161108091543e8f.jpg

t6_20161108091558462.jpg

t7_20161108091559a12.jpg

t8_2016110809160132e.jpg




















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!