「 GURA OPEN STUDIO 」三枝 愛

Category : 現代美術シッタカぶり
PB030053.jpg

2016.11.03〜11.05【 アトリエGURA 】

今年2月末の元・立誠小でのグループ展「MORPH」が初見でした。
その時、確かに展示されていた板っぺらがアトリエにありました。
この一枚の板っぺらは、そもそもは2年前に三枝さんの実家である椎茸農家の
榾木(ほたぎ=シイタケを栽培するときに種菌をつける原木)を支える板に
蝋を塗ってギャラリーに展示されたものでした。
ある日、板は保護目的の蝋の重みでまっ二つに折れ、
卒業を迎えた三枝さんはその板を実家の庭へ持ち帰ります。
この一筋の時系列の冒頭は東日本大震災の影響下での
深刻な椎茸栽培の原木不足があります。
ひとつの成り立ちの中に当然あるべき所在としての板は、
いわば三枝さんによって旅をする “はめ” になるということです。
このように三枝さんの美術たるものとは
「因子たる要素をはらむ様々な事象」についての考察、と。
いかがでしょうか。
当然その榾木の「くり抜かれた部分」である木クズもきちんと瓶詰めされてありました。
一種の記録的インスタレーションと呼んで良いと思います。
秘密基地のようなアトリエにいらした三枝さん。
ほぼ同じ長さに揃えられた木の枝。
日光写真に痕跡を残す木の枝。
その作品を支える元の木の枝。
とても詩的で、実在を確かめながら、
ひとつ一つ手触りを感じさせながら展開していく、
ミニマルでありながら濃厚な気配を漂わす不思議な作家さんです。

作品などは → http://miedaai.jimdo.com/

PB030054.jpg

PB030055.jpg

PB030056.jpg

PB030057.jpg

PB030058.jpg

PB030059.jpg

PB030089.jpg















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!