「 GURA OPEN STUDIO 」松本 知佳/谷川 美音

Category : 現代美術シッタカぶり
PB030060.jpg

PB030044.jpg

2016.11.03〜11.05【 アトリエGURA 】

松本さんは2013年11月に初見。
搬入ぎりぎりまで描いていたというギャラリー内には、
創意の汗とも言える匂いが漂っていたのを覚えています。
その時に強く感じたのがトリミングの妙でした。
絵画にまつわる或る種の制約をいかに排除してなお、
説得力のある絵を描くのかといった果敢なスタンスもまた印象深かったです。
淡々とした画風と身近なモチーフでありながら
独特の物語性を感じさせる絵です。
それは闇にかかる少し前、日没頃の微妙な光の具合なのかな、などと。

そして、もうひと方、谷川さんはかなりきちんとした作業部屋、というか
プライベートスペースの中で黙々と漆に向かって
塗る、磨く、塗る、磨くの作業をしている様子が(勿論面識はありません)
浮かんできそうです。
壁に作品が掛かっています。
言うまでもないことですが、これを漆で作るという着想は
手をつけた瞬間から始まる鍛錬とも言うべき時間との長いつきあいを意味します。
漆芸をされる方に共通した “反復の意味” への限りない問いというものを
切実に受けとめますね。
粛々とした或る種の「行」のようなものにも思えてきます。
漆が、いや漆にしか表現できないことへの希求、ですか。
今後、グループ展が控えていますので楽しみです。

残念ながら、お二人にはお会いできませんでしたが、
それもいつかの楽しみのひとつ、と。


PB030061.jpg

PB030062.jpg

PB030063.jpg

PB030045.jpg
















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!