「 はかなシ 個展 〜 ドットサプリメント 」

Category : 現代美術シッタカぶり
H1_201611271906377e1.jpg

2016.11.15〜11.20【 KUNST ARZT 】

表現の一環として「解像度」を題材にする作家さん、多いと思います。
それは言うまでもなく「高」ではなく「低=粗」という視点。
粗を面白がる、それをモチーフにすることによって
キッチュでファニーな造形やディテールを楽しむ、といった趣です。
しかしよく考えてみると、この「粗いイメージ」というものを漫然と受容し、
そこで完結してしまっている現状というのものを
何ら不可思議とも奇妙とも感じなくなっている、
いわば情報について不感症になっている自分が居ることに気付きます。
言い換えれば、それは「オリジナル」についての情報をあえて得ようとはせずに
(さらに突き詰めると、得ようとする時間すら“得ない”)
はかなシさんが言うように「想像し補完する」という行為を
簡単に端折ってしまっているのではないか、という危うさです。

アイロンビーズで表現されたアイコンたちは粗いドットから、
その正確なディテールを無理矢理にでも想像させ、
見事に認識可能なパーツ数で、見る者の視覚を揺り動かします。
原寸大のコーラの自販機!は勿論、
奥の部屋に小さく、こじんまり鎮座する「何か」から
確実に触発されている己の脳の
「ウニャメキ」を感じたのです。
お見事な展開、でした。

H2_20161127190639e71.jpg

H3_20161127190640787.jpg

H4_20161127190642c84.jpg

H5_20161127190643249.jpg

H6_20161127190701b4a.jpg

H7_20161127190703743.jpg

H8_20161127190705324.jpg

H9_20161127190706643.jpg

H10_20161127190708f87.jpg















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!