「 横溝 美由紀 〜 集積 」

Category : 現代美術シッタカぶり
y3_20161207082526d4e.jpg

2016.11.04〜12.04【 ozasa_kyoto 】

やっと来る事ができました、まだ新しいギャラリー。
自宅からほど近い場所にできたということは何とも感慨。
横溝さんの作品は以前のOZASAHAYASHIで初めて見ました。

今回は一見誰でも平面、と “推定” する、
つまり「絵」ですよね、これは、という作品なのですが、
横溝さんはこれを彫刻と断言します。
横溝さんの初見の作品も唸りました。
モチーフは何であれ、そこに凝縮されたものは「時間と空間と光」です。
横溝さんは彫刻の出自です。
だからこれを彫刻とする、とかではなくて、
むしろ、横溝さんの示唆するものに、鑑賞者が彫刻とは、
またその方法論とは何か、ということに気付かされるということではないでしょうか。

タイトルが表すように平面に集積された無数のラインは
「面に穿(うが)った線」と考えると、なるほど、と。
その線にまとわりつく絵具は彫刻にとってのマテリアル。
これは張った糸に絵具をからめて、支持体に弾いていくという手法です。
黙々とこの行為を反復し、
線は一定のベクトルと質量をもって徐々にその様相を明らかにしていきます。
この集積への手立てこそが「絵画という名の彫刻」の所以であるわけです。
ギャラリーの壁に垂直に放たれた一本の線と飛沫と色溜まり。
ここだからこそ活きる作品、
シンプルだからこそ感じる実に見事な “光景” を作り出します。
支持体に直接に筆も置かず、もはや手すら触れない、という、
面からのわずかな空間に生まれる、
呼吸と心拍数をそのまま映し込んだような表情。
切れ味の鋭い作風はキュレーターの加藤義夫氏が言うように
「関係性のアートとして確立・展開される
インタラクティブなインスタレーションという手法ではなく、
正しく「自己作品の自律」に他ならないのです。

y5_2016120708252461e.jpg

y4_201612070825253da.jpg

y2_201612070825265c7.jpg

y1_20161207082527ce4.jpg

y6_20161207082616a2a.jpg

y10_20161207082617e29.jpg

y9_2016120708261708a.jpg

y8_20161207082618911.jpg

y7_20161207082618cca.jpg

y12_20161207082646c31.jpg

y11_20161207082647605.jpg










スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!