「 田中 美佳 展 〜 淡いひかり 」

Category : 現代美術シッタカぶり
PB290034.jpg

2016.11.29〜12.04【 ART SPACE NIJI 】

約1年半ぶりに田中さんの作品に再会しました。
前回のブログの文を読み返してみると、
僕自身に「田中絵画」への理解がまだまだ不十分だったことが伺えます
(それはそれで、僕にとってはとても重要なことなのですが)
油画の出自である田中さんの中で、もっと素材感が活きる絵を描きたい、
つまりそこには支持体に塗り固められた絵具という素材、からの解放を、
或る手法で打破できないかという、
遡れば自己検証に近い試行錯誤があったと推測します。
このスタイルは田中さんが求めた素材の透過度が水彩に叶ったという、
文字通り、水と油ほどの素材の差異を、
凝り固まった概念から解き放ち、
自身の創作に組み入れたことへの英断とも言えます。
スタイルを確立するとはそういうことなのでしょう。
この作品を見ると、まず作家の行為を思い描き、紙を破る音や、
ひたひたと貼っていく行為そのものが、
完成された作品と鑑賞者の間に交感をもたらすのです。
その行為は「描く」というよりは支持体に彫刻している、といった風情が伺えます。
一見オールオーバーに見えてその実、構成に相当な神経を配っていることは、
手法が確立しているだけに各作品の差異、
もっと言えば特性のようなもの=温度、ですか、
そういうものに細心さをはらっているということに実物を見て、気付きます。
ある意味自由度が高いだけに
“頃合い” の制御を暗に求められる作風かも知れません。
昨日が初日。とにかく実物を!

PB290032.jpg

PB290031.jpg

PB290030.jpg

PB290029.jpg

PB290039.jpg

PB290038.jpg

PB290037.jpg

PB290036.jpg

PB290035.jpg















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!