「 山森 菜々恵 個展 〜 ごはんですよ 」

Category : 現代美術シッタカぶり
1_20161223091931eed.jpg

2016.12.06〜12.11【 ART SPACE NIJI 】

ふんふんと、山森さんのお話に相づちを打ってはいるのですが、
こうしてレビューもどきの文章を起こす時には、
もう、朧げなんですね。
検索します、とは言ってみたものの、
基本的な知識が欠落しているから
結局「なるほどねぇ」で終ってしまいますので、
すでにシッタカブリアンにもなれません。
ただ、僕の中の漆の印象であるツルピカ
(すいません俗な表し方で…)は見事にスクロールされて、
どっかへ行ってしまいました。
とてもマットな風合い。
さて、僕は山森さんの言葉にドキッとさせられたんです。
「なぜ漆である必要があるのか」
これはそのまま漆の普遍的な永遠の問いでもあるわけで、
その根幹部分というものが、
いかに創造の発露というものと漆という唯一無比な素材とを
ギクシャクせずに折り合わせるか、という命題に繋がってきます。
テーマは「ままごとあそび」。
お皿に見立てたシャンプーハット、ただの紐、そこにお米や魚が乗って、
枝のお箸で「いただきまぁーす」。
つまりここに展開されているのは「そのものに例えた形」です。
子どもは例えの天才ですから。
例えはフェイクになり、裏側はもぬけの殻である木の枝、
歯ブラシ、洗面器、洗濯板、ペンネ、トタン板…
みんなみんなフェイクなんだけれど、例えられてそこにあるような、
漆という素材からでしょうか、
変哲のないものに独特なプライドが垣間見えました。
それにしても物を知らなさ過ぎるな、もっと勉強せねば…

2_20161223091931616.jpg

3_20161223091930377.jpg

4_201612230919309c3.jpg

5_201612230919291dc.jpg

6_20161223092014b47.jpg

7_20161223092013336.jpg

8_20161223092013d15.jpg

9_20161223092012077.jpg

10_2016122309201280c.jpg




















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!