「 connect 〜 藤田 海周 × 近藤 大佑 2人展 」

Category : 現代美術シッタカぶり
13_20170120095021387.jpg

2016.12.20〜12.25【 GALLERY TOMO 】

今回は面白い流れ、というかエピソードがありました。
最初はお二人とも初見、だと思ってました。
特にギャラリストの青山さんから、
近藤さんの作風の変わりようの友だちの反応を聞いて、
これは是非、と思ったわけです。
近藤さんは具象から抽象、藤田さんは抽象から具象と、
この2人展をやろうと思った時とは、がらりと真逆になってしまったんですね。
そして近藤さんの過去の作品を見て、
今年の卒制ではっきりと印象に残った作品であること、
近藤さんとも会話していたこと、を思い出し、
なんか妙な気分になりました。
超細密ペン画でコピックを使われていたことが特に印象的でした。
そして、このレビューをアップするのに
FBのアクティビティで試しに藤田さんの名前を入れると、
やはり2016年3月15日の卒制のレビューでしっかりと
「藤田海周さんの「ズレ2」「情報に埋もれる」は
半立体的なものも含め、ザワザワとした触感の作品です」と明記してありました。
二人とも初見どころか、しっかりと「以前」の作風を見ていました。
ポンコツな海馬のおかげで、こういう笑い話が生まれるんです笑。
藤田さんはいずれも人物画で特に大作の女性像は
優しい筆致でありながらも過剰な情緒さは薄く、
モデル自身(作家さん)の制作テーマと
「フェイクであるところの絵」という関係性を持ち込んでいます。
近藤さんも以前の作品からの流れというか伏線がしっかり感じられて、
この作風はもっともだと素直に思いました。
コピックの色をモザイクのように塗り分けながらの細密画から、
色彩のエッジを取り去って混色されたものと解釈して見ました。
若いお二人、これから始まる紆余曲折をどんどん楽しんでください。

1_20170120094922d31.jpg

2_20170120094921d03.jpg

3_2017012009492075a.jpg

4_201701200949198fe.jpg

5_2017012009491984d.jpg

6_201701200949547c4.jpg

7_20170120094953741.jpg

8_20170120094952292.jpg

9_20170120094952b79.jpg

10_20170120094951e44.jpg

11_20170120095023d71.jpg

12_20170120095022596.jpg


























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!