「 New Paintings / 輪違い紋 〜 藤井 隆也 」

Category : 現代美術シッタカぶり
P1260001_20170130215206646.jpg

会期不明【 galerie weissraum 】

輪違い紋、というよりも、
これは七宝文様(吉祥文様の一種)の方が通りがいいと思います。

その昔、今から40年ほど前に留袖の下絵の修業をしていました。
白生地に青花で描くんですね。
ライトテーブルに下絵を置いてなぞる、というと簡単そうですが、これが難しい。
線にとまどいが出ちゃうんですね、というか、
線に慣れ、かつ緩急がないといけない。
この下絵に従って糊置きして染めるんですね。
で、完成した童子の顔だけは師匠が描く。墨で下書きなしで。
いつ見てもほれぼれするほど巧かった。
当たり前だけど。
入ったら2年は強制的に住み込み。ええ、落語の世界です、まるで。
あれ、なんかアーカイブな内容に… 

展示はなんかユルっとした空気が漂う感じで、
レイアウトがいいです。
特に縦長の青い作品、ですね。
不思議なんですが、手描きの温かさ
(改めて手描き、というのも何ですが笑)がほんのりと和やかです。
作家の意図を深読みし過ぎずに見るのが一番ですね。
無人のホワイトキューブに、ただ、そこに、在るだけの、この感じ。
西日射すソファでまったりと抹茶と和菓子が欲しくなりました、なぜか。

P1260002_20170130215205eba.jpg

P1260003_20170130215204924.jpg

P1260004_2017013021520345a.jpg

P1260005_201701302152025fb.jpg

P1260006.jpg

P1260007_20170130215247073.jpg

P1260008_2017013021524631d.jpg

P1260009_201701302152457cb.jpg





























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!